まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
伊藤俊輔

年金重視「FP相談」のプロ

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

伊藤俊輔プロのコラム一覧

生命保険

2018-08-21

 「高齢になってからのほうが病気は心配」 おっしゃる通りだと思います。統計的に年齢を重ねるほどさまざまな病気(疾病)のリスクが高まるのは間違いありません。 ただ、その事実に備えるために「一生涯の入院保険に加入したい」を結びつける必要はありません。むしろ十分な再考が必要です...

 2018年8月4日号(8月3日配布)の京都リビング新聞に掲載!  ※ 画像をクリックすると、もう少し大きく表示されます。 来年2019年1月のFP3級技能士検定に向けた全14回の講座です。 ・中央版 190,100部   北区・上京区・中京区・下京区・南区・東山区・山科区 ・西南版 14...

時事ネタ

2018-06-12

 京都市民しんぶんに掲載されていました。 町内会などで回覧されているセット検診の案内もあったかと思います。----- 今回、初めて確認したのが「胃がん層別化検診」です。 (おそらく2017年度からあったとだと思いますが昨年は案内そのものを見逃してしまっていました)...

時事ネタ

2018-03-22

 40歳未満(39歳以下)限定企画! 2018年3月22日公示、4月8日投開票の京都府知事選の「投票済証明書」をお持ちくださった40歳未満(39歳以下)の相談者さん、相談報酬を割り引きます。 概要 ・2018年4月8日投開票の京都府知事選「投票済証明書」をお持ちの40歳未満(39歳以下)の相談...

子ども

2018-03-16

 京都市PTA連絡協議会からの配布物です。小学生のわが子が数日前に持ち帰ってきました。 ※ 執筆時現在、子どもの年齢は12歳(小学6年生)・10歳(小学4年生)・6歳(年長児)です。 ※ 画像をクリックすると少しだけ拡大表示されます。 写真の内容物は平成30年度版です。 ・本締...

 2018年1月6日号、2017年12月16日号・12月2日号・11月25日号の滋賀リビング新聞に掲載! ※ 画像をクリックすると、もう少し大きく表示されます。 滋賀リビング新聞は大津市・草津市・栗東市・守山市・野洲市で配布され、発行部数は約142800です。お手元に届いておられる皆さま、ぜひぜ...

 源泉徴収票の読み方は学校で習いません。 社会人になってからも学ぶ場はありません。 所得税の「所得」とは何なのか。 控除とな何なのか。 年末調整とは何なのか。 確定申告はどんな場合に必要なのか。 どのように計算されて所得税の額は決まるのか。 このセミナーで...

時事ネタ

2017-10-11

 2017年10月10日公示・10月22日投開票の第48回 衆議院議員通常選挙の「投票済証明書」をお持ちくださった40歳未満(39歳以下)の相談者さんの相談報酬を割り引きます。 概要 ・2017年10月22日投開票(期日前投票を含みます)の衆議院議員通常選挙「投票済証明書」をお持ちの40歳未満(39歳以...

 2017年8月5日号(8月4日配布)の京都リビング新聞に掲載! ※ 画像をクリックすると、もう少し大きく表示されます。 来年2018年1月のFP3級技能士検定に向けた全14回の講座です。 ・中央版 190,100部   北区・上京区・中京区・下京区・南区・東山区・山科区 ・西南版 148,...

時事ネタ

2017-06-06

※※※ この記事は「自動車」と「自転車」の読み間違えにご注意ください ※※※ 自転車保険への加入が必要なのか  自動車保険ではなく、自転車保険の件、京都市では2018年4月から加入が義務化されます。 罰則規定はありませんが、現代社会において必須の補償だと私も感じます。 保険商...

 滋賀リビング新聞2017年3月18日号(3月17日配布分)に掲載されました。 ※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。 「”将来資金”のために知っておきたい年金の知識」として、公的年金とiDeCo(個人型確定拠出年金)の講座で講師を務めます。 会場はJR草津駅前です。 ...

ねんきん

2017-01-11

 報道や記事を見ていると、公的年金保険以外で年金という用語を使うのはさけてもらいたいと強く主張したいです。 企業年金 → 分割受取退職金 確定拠出年金(DC) → 確定拠出将来資金(DC) 確定給付年金(DB) → 確定給付将来資金(DB) 個人年金保険 → 将来貯蓄保険 年金受取 → ...

相続

2017-01-07

 人はいずれ必ず亡くなります。 私も私の子どもたちも、そして皆さんもです。 相続とは人が亡くなると必ず発生します。 資産の有る無し・多い少ないに関わらずです。 相続を「争続」などのように表現するのは好きではありません。確かにそのように表現せざるを得ない事実がある...

 日常生活でなかなか接する機会のない確定拠出年金(DC)。 個人型のDC (2016年の秋より iDeCo : イデコ ) は、いわゆるリタイア後の将来資金を自分で準備するにあたって、第一候補となる ものすごい存在です。 勤務先が将来の退職金として毎月の掛金を負担してくれているのが 企業型DC。...

ねんきん

2016-07-23

 毎年、誕生日の月に届く「ねんきん定期便」。 内容をきちんと見てみたことがあるという人は多くない印象です。 これまでの年金記録が記載されている「ねんきん定期便」。 これからの見込みを加えることで、将来受け取る年金額の目安を知ることができます。 これまでの記録はどの...

伊藤俊輔プロのその他のコンテンツ

Share

伊藤俊輔のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-22