まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
山本武史

ワークライフバランスを実現するタイムマネジメントのプロ

山本武史(やまもとたけし)

ポテンシャルビジョン

コラム

【WLBコラム】ワークライフバランスの本当の目的とは?

WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。
働き方改革をサポートするタイムマネジメントコーチの山本武史です。


前回の記事でワークライフバランスは「考え方から見直しましょう」
って話をさせていただきました↓

ワークライフバランスを見直すなら、ここから見直そう!



では実際、考え方はどう変えていけばいいのでしょうか?



これについては、

「そもそも、ワークライフバランスって、
 何のために実現するのでしょうか?」

ってところから考えてみましょう。




「ワークライフバランスって何のために?」

と問われたならば・・・、



その答えを一言でいうと、

『幸せのため』

です。



当たり前ですけどね^^;




では、幸せって何なんでしょう?


些細な幸せはたくさんあります。

人それぞれ違いもあるでしょう。



ですが、僕たちすべての人間が共通して
必ず感じる幸せもありますよね。




その最たるものが

『貢献感』

です。



つまり、
「誰かの役に立った」と
実感できた時、僕たちは幸せを感じるのです。




その貢献感を感じられるチャンスが最も多いのが、
実は『仕事』なんです。



ここでいう『仕事』とは、
家事や育児、介護も含めたものです。


誰かがやらなければならない役割を
すべて『仕事』と呼びます。


そもそも人間社会の成り立ち上、
『仕事=分業』ですからね。



ですので、もちろん市民活動や
ボランティア活動も含まれます。



僕たちは、職として就いている仕事に精を出すことで
幸せを感じることができるのです。



ですが、先に述べたように、
家事、育児、介護、市民活動やボランティア活動でも
同じように『貢献感』を感じられます。


つまり、幸せを感じられるのです。



いわゆる職としての仕事以外でも
多くの場面で幸せを実感できたとしたら、
その人生はより輝きを増すと思いませんか?



だからこそ、職としての仕事の時間を少しでも
それ以外の活動に回すことで、
良いワークライフバランスが実現するのです。




で結論。

ワークライフバランス実現に向けての大切な考え方とは、

『大切なことを大切にする』

ってことです。



僕たちが幸せを感じるために大切な
『貢献感』を感じるチャンスを大切にしましょう!




では、今回はこの辺りで失礼します。


大人気のアドラーカフェ「夜の部(夜カフェ)」と「昼の部(昼カフェ)」情報はこちら!

========================
【働き方改革を応援!タイムマネジメントコーチ:山本武史】
研修・コーチングで御社の『働き方改革』推進を応援します!
ご質問・お問い合わせはこちら(24時間受付)
========================

この記事を書いたプロ

山本武史

山本武史(やまもとたけし)

山本武史プロのその他のコンテンツ

Share

山本武史のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook