まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
山本武史

ワークライフバランスを実現するタイムマネジメントのプロ

山本武史(やまもとたけし)

ポテンシャルビジョン

コラム

【WLBコラム】看護系管理職にとっての最重要課題とは?

看護師

2018年5月28日

WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。
働き方改革をサポートするタイムマネジメントコーチの山本武史です。


来月から、ある企業さんで管理職の方、全員一斉に
目標管理コーチングがスタートします。

来年3月の2018年度末にはどうなっているか・・・。
スタート前の今から楽しみです!



さて、今回は看護系の管理職の皆さまにとって、
最も重要な課題についてお伝えしたいと思います。



これまで様々な病院やクリニック、
看護協会や看護学校の方々のお悩みを聞いてきて
感じたキーワードベスト3はこちらです。


「離職」
「モチベーション管理」
「危機管理」



で、これらそれぞれに対して対策を打ち、
研修などでフォローしておられます。




こららの対策はタイムマネジメントの観点から見ると、
通常は『第2領域』に入ります。

(第2領域=重要だが緊急ではないタスク)



ですが、相当数の医療機関において、
すでに『第1領域』に突入しているところも見受けられます。

(第1領域=重要かつ緊急なタスク)



具体的には、
離職が止まらず人出不足に陥っていたり、
医療事故が起こってしまったりといった状態です。




第1領域に突入してしまっているならば、
真っ先に手を打たなければなりません。


が、まだ第2領域に止まっている状態なら、
先にやるべきことがあります。



それは・・・、

『リーダーシップを発揮すること』

です。




リーダーシップについては様々な見解があり、
何が良いかは意見の分かれるところでもあります。


昨今は、「ファシリテーター型リーダー」に注目が集まっていますが、
昔ながらの「牽引型リーダー」も活躍されています。


また、「サーバント型リーダー」もまだまだ注目されていますし、
「イノベーティブリーダー」も話題になっています。


なので、どんなタイプのリーダーシップが良いかは
ここでは語りません。



しかし、どのタイプでも大切にしてほしいものがあります。

それは、『ビジョン』です。




リーダーシップを発揮する第1歩として、
『ビジョン』を語っていただきたいのです。




ところで、ビジョンとは何でしょうか?



一番多く言われているものとしては
『将来像』ではないかなと思います。



が、もう少し具体的にしておきましょう。
その方がビジョンを考えやすいと思いますので。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ビジョン=課題+解決策+結果(課題が解決された状態)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



例えば、あるとんかつ屋さんのビジョンです。


「今、豊かな国として世界的に知られるこの日本で
 満足に食事も取れないこどもたちがいるんです。
 その子たちにもお腹いっぱい美味しいごはんを食べてほしい。

 当店では20種類くらいのメニューを提供しています。
 もし、本当に困っている親御さんがいたら、
 ぜひ店長宛にこっそり電話してください。

 どのメニューでも構いません。
 無料でこどもさんに食べてもらいます。

 店内で食べるのが恥ずかしければ、
 お弁当にして持ち帰らせます。

 ゆっくりとお腹いっぱい食べさせてください。

 豊かと言われる日本でこの現状は悲しすぎます。
 本当の意味で豊かな状態になれるように
 当店としても微力ながらがんばっていきます。」


いかがでしょうか?
このお店が何を目指しているのか伝わってきましたでしょうか?



実際、このお店では、
店長の思いに共感した従業員が一致団結してがんばっていますし、
地域の方やSNSなどで知ったお客様から絶大な支持を受けています。


上記の3点が揃ったビジョンには力があります。



さて蛇足ですが・・・、
このお話をバーツに分けてみましょう。

《解決されるべき課題》
 =こどもの貧困問題(満足に食べられないこどもがいる)

《自社が提供できる解決策》
 =貧困でお腹をすかせたこどもに無料で食事を提供する

《課題が解決された状態》
 =豊かな国日本の再生


これがビジョンの原型です。
こうして考えていけばビジョンは考えやすいと思います。




ぜひ、あなたの組織にマッチするビジョンを見出し、
それを語ってみてください。


そうすることで
「離職」「モチベーション管理」「危機管理」の
3大課題を一度に解決できるかもしれません。



ビジョンの力を信じて、
ぜひ取り組んでみてくださいね!


それでは今回はこの辺で失礼します。

========================
【働き方改革を応援!タイムマネジメントコーチ:山本武史】
研修・コーチングで御社の『働き方改革』推進を応援します!
ご質問・お問い合わせはこちら(24時間受付)
========================

この記事を書いたプロ

山本武史

山本武史(やまもとたけし)

山本武史プロのその他のコンテンツ

Share

山本武史のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook