マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき) / 薬剤師

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

《春は五臓六腑の「肝臓」の負担大となる季節》

2024年4月3日

テーマ:専守防衛=未病先防

コラムカテゴリ:美容・健康

《「陰陽五行説」で「春は肝臓」と説いています》

杞菊地黄丸
杞菊地黄丸 アイリタン
※春は肝の負担が大きくなります、「眼が疲れる・肩がコル・足がツル」=肝臓の悲鳴。

《肝が弱れば目が疲れ・目を酷使したら肝が弱ります》

杞菊地黄丸 アイリタン
杞菊地黄丸 アイリタン
※老いも若きも、今は目を酷使する事態であり、春は目が疲れる季節です。
☆今、これを書いて時に「御相談の電話」=「目薬の木」って効くの?。
漢方の歴史の中で、このような民間薬的な自然の恵みエキスが方剤に使用された事はないと回答。
エビデンスEvidence(証拠)のない自然の恵みエキス、それも医療提供施設の薬局以外で「夢を買わない」事が寛容です。
サプリメントの販売に資格は不要ですから、基礎知識に乏しい方は平気で「治る」と言い切りますが、その辺の雑草や樹皮で病が治ったら・・・、ネ。

《肝臓を元気にし眼も元気にする植物性生薬といえばコレ》

枸杞
※中成薬を日本に一番に知らしめたイスクラさんの枸杞の実=《枸杞子》
☆その枸杞子のジュースタイプもイスクラさんから入荷しています。

《肝と目を元気にする漢方薬はコレ》

杞菊地黄丸
杞菊地黄丸
※「食べる目薬」として有名になった「杞菊地黄丸」

《目を元気にする動物性生薬はコレ》

アイリタン
※鯉胆
サメミロン
サメミロン
※特定の深海サメの肝油から精製した《スクアレン》

《こんな不快感があれば即、当薬局にどうぞ》

杞菊地黄丸 アイリタン

※詳しくは当薬局の薬剤師陣に御相談下さい(要予約)。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(有限会社 すみれ漢方施薬院薬局)

Share

関連するコラム

佐藤宣幸プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ香川
  3. 香川の医療・病院
  4. 香川の漢方・薬膳
  5. 佐藤宣幸
  6. コラム一覧
  7. 《春は五臓六腑の「肝臓」の負担大となる季節》

© My Best Pro