まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

乾燥肌対策

皮膚の健康

2017年7月31日 / 2018年9月22日更新

《猛暑と過冷房でのカサカサ肌対策》



※盛夏です、情け容赦のない『紫外線』・『発汗過多での、お肌の乾燥』・『過冷房での、お肌の乾燥』・『ナマモノ・冷たいモノの過食・過飲でま冷え』・・・・・・・・・、これらはカサカサ肌になる大きな要因です。

《自然の恵みエキスで、お肌のリフレッシュ》


美肌 セ・サージ
※『自然の恵みエキス』を『外用』・『内服』したら、お肌に瑞々しさが漲ってくるのが体感出来ると思います。

《薬剤師が推奨する外用剤》


スクアレン プライマリーオイル
※『プライマリー・スキンビューティオイル』
サメミロンカプセルに含まれているスクアレンの前駆物質。
お風呂上がりにお使い下さい。

美肌 セ・サージ
※『セ・サージ』
沙棘という植物の実のエキス
赤味や痒み・炎症の強い皮膚には『紅沙棘』と言う飲むタイプがあります。
詳しくは当薬局の薬剤師陣にお訊き下さい。

《薬剤師が推奨する内服剤》


陰虚 亀鹿仙 亀 鼈 スッポン

陰虚 亀鹿仙 亀 鼈 スッポン
※女性は苦手だと思いますが、亀と鼈(スッポン)のエキスをゼリー状にした内服タイプです。
漢方的には陰陽の『陰』を補う動物性生薬として古より繁用されています。
日本では亀は食べませんが鼈は『精を補う』高級食材として有名です。
当薬局では『不妊対策』の食養生として、このエキスをお薦めしていますが『美肌対策』の食養生にも繁用しています。

《美肌には蛙(輸卵管)もお薦めしています》



※これが哈士蟆油、蛙の輸卵管です。
これは別のコラムで詳しく書いていますので見て下さい。

※盛夏に、お肌の手入れをサボったら秋に大変な事になりますので御用心下さい。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤宣幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
facebook
Facebook

佐藤宣幸プロのその他のコンテンツ