マイベストプロ石川
山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(やまねとしひで) / 税理士

税理士法人マネジメント/グランドリーム

コラム

劣後ローン

2020年10月15日 公開 / 2020年10月19日更新

テーマ:資金繰り

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 資金調達プロ資金調達 方法経営戦略

ANAの親会社が4,000億円の資本性(劣後)ローンを調達という話題があります。
日本政策投資銀行と銀行団が協調融資するようです。

いいなあ~大手は…
そんな風にただ羨んでいないで
自分も挑戦しては如何でしょうか?

かなりハードルは高いですが…

企業再生の現場などでも利用するこの資本性ローン
借入なのに資本金とみなされるわけですから
会社にとっては願ってもない融資です。

うちなんか会社が小さいから…
なんて言って諦めないで
挑戦してみれば良いのです。

通常、5年1か月以上の長期の資金を
毎月の支払利息のみで調達できるのです。
日々の資金繰りを気にしなくて良くなるので
精神的安定度の側面からも導入する有用性はハンパありません。

ハードルがありそうだから走らないのではなく
先ずはハードルをじっくり観察研究しましょう。
そして、先ずは一つ乗り越えて見ましょう。

他の債権に対して劣後する劣後ローン(資本性ローン)
こんなことも検討なさってはいかがでしょうか?

マネジメントコンサルティングファームのご紹介https://www.managementcf.com


今日も前へ進みたい宣言ブログ!『日々改善』

私と共に中小企業の課題を解決したい方へ(採用のご案内)

この記事を書いたプロ

山根敏秀

企業の資金繰りや黒字化経営に精通する税務のプロ

山根敏秀(税理士法人マネジメント/グランドリーム)

Share

関連するコラム