マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ) / キャリアコンサルタント

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

結婚をしたくない40代男性が婚活を始めるきっかけ

2015年12月4日

テーマ:結婚に必要な男性の気持ちと行動

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: 婚活マッチング陶芸 教室

ひとりの食事の時に、寂しさを感じたから

独身の40代男性のほとんどの方は、現状にそこそこ満足されているのではないでしょうか。

責任ある仕事を任されて充実していたり、好きな趣味も楽しんだり。ひとり暮らしが長いため、家事なども自分でおおよそこなせるようにもなるため、多少の不満や不便があったとしても、不自由には思っていない方が多いのです。

しかし、ひとりで出かけたときに偶然友人の家族と遭遇して引け目を感じたり、自宅でひとりで食事をしているときにふと寂しさを感じたり。そういったときに「そろそろいい人がいれば結婚してもいいかな」と思われるようです。

特に「お正月はきついんですよね・・・」と男性会員の方がつぶやかれます。お正月はどこに行ってもファミリー向けサービスばかりで、一人でも食事できるところを探すのがとても大変とのことです。

恋愛できないでいる自分を自覚したから

結婚をしたくないと考えていた40代の独身男性は、独身を謳歌しています。その一方で「いい人がいれば」「本気で好きになれる人が見つかれば」と考えているのですが、何も行動しなければ理想の女性と出会う可能性は限りなく低いことに気づいていません。

「自分がその気になれば恋愛できるだろう」という考えがあるようですが、現実はそのようにうまくはいかないものなのです。

実際に職場や趣味の仲間と接していても、恋愛につながる出会いはほとんどなく、「このままでは恋愛はできない」と自覚すると、婚活を意識し始めます。

そして、「自分から相手を探しに行かなければ、理想の人は見つからない」ということを実感して初めて、婚活活動を行う気持ちがわいてくるようです。

自分の定年後を考えると怖くなったから

40代の独身男性の身近な友人は、ほとんど結婚している状況になっています。

同僚や学生時代の友人が家族との時間を週末に作るようになるため、ひとりで過ごす休日も増えてきます。

独身の方で、特に仕事にやりがいを感じて充実されている方にありがちなのですが、休日にほとんど声を発していないことが多くなります。コンビニやスーパーで会計をするときに、はじめて声を出したと気づかれることも多いはずです。

仕事が充実していればしているほど、その仕事がなくなったらどうなるのかを考えるとドキッとされるのではないでしょうか。今は、「仕事が忙しい」と現実から目を背けていますが、会社勤めであれば定年があります。自営業で「生涯現役」と言っていても、高齢になればそういうわけにもいかないでしょう。孤独死のニュースを見て、他人事とは思えない恐怖を感じることもあるそうです。

定年後のご自分を想像したときに、仕事以外に何もない人生にむなしさや恐怖を感じて、婚活を始められる方も多いです。

無事に定年を迎え、家も購入しているし、年金もしっかりある。好きなゴルフ三昧の毎日。時々趣味の陶芸にも出向く生活で、傍から見れば恵まれた生活を謳歌している方が突然、事務所に来られました。

「となりにいてくれるはずの人がいないってこんなに切ないのか・・・」とつくづく感じ、語られる62歳の男性。「もっと早く気がつけば良かったな」と後悔しきりなのは、話を伺って感じるところです。

この記事を書いたプロ

自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター)

Share
関連するコラム

自念真千子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-327-5537

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

自念真千子

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

担当自念真千子(じねんまちこ)

地図・アクセス

自念真千子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-02-01
rss
コラム
2020-02-04
facebook
Facebook