マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ) / キャリアコンサルタント

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

婚活で失敗する男性は1人の女性に執着する

2015年12月12日

テーマ:結婚に必要な男性の気持ちと行動

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: 婚活マッチング

ひとりの女性に執着しすぎると本来の自分をアピールできなくなる

婚活を行っていると、まずはプロフィールや写真などでお相手の情報がわかるのですが、その時に、自分が結婚相手に求める条件にマッチして「素敵だな、お会いしてみたい」と思う女性が見つかると「この人しかいない」「これ以上の人とはもう巡り合えないかもしれない」など思い詰めてしまう男性は失敗する可能性が高いです。

お会いする時にお相手の女性を大事に思うあまりに、意識しすぎて緊張してしまい、本来の自分を出せなくなってしまうからです。

お互いに緊張していて当たり前ですが、過度に緊張していると「私のことが気に入らなかったのかな」「一緒にいても落ち着かない」など、相手にマイナスな印象を与えてしまい、うまくいかないのです。

相手を理想化してしまい、相手の本当の性格が見えなくなる

婚活で失敗している男性の多くは、結婚相手に夢を抱きすぎてしまっているように思います。

仕事に専念していて恋愛する機会が少なかったり、女性の扱いに慣れていなかったりするからかもしれませんが、婚活で知り合ったお相手がタイプの女性であればあるほど、ときめきを感じて、恋に恋した状態になってしまう男性は多いのです。

何気ない会話も過剰に高評価してしまい、「自分に好意を持ってくれている」と期待しすぎる場合もあるようです。

自分に都合のよい相手像を創り上げているので、本来のお相手の性格や気持ちはお構いなしの状態になっていることもあります。

お相手の方も同じように盛り上がってくれていたらいいのですが、女性は敏感なので「この人は私のことをちゃんと理解していない」と冷静に見ています。これでは良い結果を期待することはできません。

執着された女性は逃げていくもの。新しい出会いへ気持ちの切替を

婚活で大切なことは、ひとりの相手に執着しすぎないことです。「女性は一途な男性がいいのではないか」と思われるかもしれませんが、それはお付合いや結婚している場合なのです。婚活は出会った状態なのですから、意味合いが違うのです。

婚活で1人の女性に絞ってしまうと、相手から返信がないのに何度もメールをする、電話をするなどしつこいアプローチをしてしまいがちです。

こんな時、女性会員からは「交際も2カ月を超えて良い感じになってきたなって思っていたら、急にメールの返信が遅かったら電話がかかってきたりして・・・・ちょっとびっくりしました。なんだか怖かったです」なんて相談が入ってきたりします。

男性の場合、気持ちの高まりは急な坂道を上るイメージですが、女性は、階段を少しずつ上る感じです。明らかに当初は温度差があります。この気持ちが同じくらいになるのは、3カ月から4カ月くらいはかかると言われています。この男女の違いを理解していると、男性の気持ちも少し楽になるのではないでしょうか。

しつこく追いかけ回されたら女性は逃げていきます。そうなると失敗するケースがほとんどなのです。それでも諦めきれずに、いつまでも引きずっている方がいるのですが、これは次の出会いのチャンスをつぶしていることも同じです。

「良い結果につながらない原因は何だったのか」ということをしっかり考えて、対策を取ってから、次の出会いに臨むことが大事です。

この記事を書いたプロ

自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター)

Share
関連するコラム

自念真千子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-327-5537

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

自念真千子

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

担当自念真千子(じねんまちこ)

地図・アクセス

自念真千子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2019-08-18
rss
コラム
2019-12-03
facebook
Facebook