まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
江戸唐音

人形選びのプロ

江戸唐音(えどとうと)

福順号

お電話での
お問い合わせ
078-221-1992

コラム

ときめく雛を集めました♪⑤ 【京都尊正】

お雛様

2017年9月23日 / 2017年10月28日更新

片岡尊正
【画像はHP 桜吹雪にさくらより】

本年度は福順号80周年記念ということもあり、特別企画サンパルギャラリーにて【ときめく雛を集めました】展を催します。

お洒落なお雛様、こだわりのお雛様、ときめくお雛様をお探しの方はぜひお気軽にご来場ください♪

開催日: 11月3日(金・祝)~11月8日(水)

時間  : 10時~19時まで   ※最終日は15時まで

ところ : サンパル2階ギャラリーにて  ※受付はサンパル1階福順号

1階実店舗では11月1日~12月29日まで年内発送割引でお雛様を購入できます。

もちろん、こちらの【ときめく雛を集めました】展も年内発送割引が適用となります♪

【ときめく雛を集めました】展では、当店人気作家の『限定製作品』や『一点もの』がならびます。

もちろん、下見などお雛様をご検討中の方も歓迎させて頂いております。

お気軽に見に来て下さい♪

出展作家  京都 尊正



尊正
【画像はHP 松皮取宝づくしより】

★最高級手描き京友禅

人が着る着物と同じ手描き京友禅を使用。

分業で多くの職人の技を要する「手描き京友禅」、その橋渡し役を山田さんという方が担当。

もともと着物の悉皆屋(しっかいや・着物のプロディーサー)をされていた山田さんと、京都のベテラン雛職人である尊正さんのゴールデンコンビでのお雛様。

一目で生地の重厚感、高級感を感じて頂けます。


京都の尊正
【画像はHP 鶴より】

★しなやかな造形美
一般的なお雛様は、形を作るため生地の裏に紙を貼る「裏打ち」が必要です。

その裏打ちにはある一定の厚みが必要とされるのですが、片岡さんは手描き京友禅の生地を100%生かすため、「裏打ち」にしなやかで薄い不織布を使用されます。

薄い裏打ちほど生地に張りが出ないので、技術を要するのですがそこは京都のベテラン雛職人。

見事にしなやかで、柔らかな着せ付けをされています。

京都尊正のお雛様
【画像はHP 金泥正倉院文様より】

当店では、雛具をカスタマイズして頂き世界で一つの雛飾りをコーディネートさせて頂いております♪
ぜひ、お気軽にご来場くださいませ♪

この記事を書いたプロ

江戸唐音

江戸唐音(えどとうと)

江戸唐音プロのその他のコンテンツ

Share

江戸唐音プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-221-1992

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江戸唐音

福順号

担当江戸唐音(えどとうと)

地図・アクセス