まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
江戸唐音

人形選びのプロ

江戸唐音(えどとうと)

福順号

お電話での
お問い合わせ
078-221-1992

コラム

●●おひな様のすすめ③<価格編>●●2011年度版

お雛様

2010年11月19日 / 2014年8月1日更新


人形屋をやっているとお客様から「人形の価格の違いはなんだ?」とよくご質問を受けます。

ですのでまとめてみました。

①材質の違い

②こだわり、仕立ての違い

以上!!

と、言いたいところですが、今回はもっと掘り下げていきましょう♪

まず①の「材質の違い」は、いい材質を使うとお人形の価格は高くなる。当たり前のことですよね(^^♪ 
問題は、その素材をどのように人形に生かせているかです。例えて言うと、料理の苦手な私がどんな高級食材を使っても素材を生かしきれませんし(笑)、その逆に安い食材を腕のいいシェフが調理すれば美味しい料理ができますよね(^^♪ 
ですのでいい素材を使っている理由だけで選ぶより、そのいい素材をどのように人形に生かせてるかが重要だと思います。

そして②の「仕立ての違い」です。仕立てとは作る方のこだわりになってきます。特にお雛様は腕の曲げ具合、袖の見せ方、綿のつめ方、裾の縫い目や重ねかたによって価格が違ってきます。以前書いたコラムです。気が向けば読んでください(^^♪→http://pro.mbp-kobe.com/hukujungo/column/3469


人がものを買う時は「値打ちがある!」と考えた時だと思います。ですので「高いからいいものだろう」とか、「安いから悪いだろう」と言うのも一つの判断基準かもしれません。しかし、高い理由を知ること、お求め安い理由を知ることは、職人のためでもあり、お客様のためでもあると私は考ます。そうすることにより、「いいな~」と思える人形が、更によく見える様になりますし、年々愛着が出てきます。
職人は人形を「作るプロ」であり、お店はその良さを「伝えるプロ」であるべきだと考えます。
私自身もっともっと精進しなければ<(_ _)>


追伸、いつもの如く、また話が脱線してしまいました。あしからず(笑)


ちなみに、
●●おひな様のすすめ①<こだわり編>●●
http://pro.mbp-kobe.com/hukujungo/column/3325
●●おひな様のすすめ②<専門店編>●●
http://pro.mbp-kobe.com/hukujungo/column/3469
●●おひな様のすすめ④<価格編Ⅱ>●●
http://pro.mbp-kobe.com/hukujungo/column/6496
です。参考までに(^^♪


兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目3サンパル1階
電話番号:078-221-1992
e-mail :info@hukujungo.com
担当 : 江戸 唐音 
HP :http://www.hukujungo.com


この記事を書いたプロ

江戸唐音

江戸唐音(えどとうと)

江戸唐音プロのその他のコンテンツ

Share