まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ群馬
芝原晶子

工業系・技術系企業の海外向け事業を支える英語翻訳者

芝原晶子(しばはらあきこ)

AST Translation Service

コラム

海外ドラマで英会話:日常やビジネスで使える英会話

海外 ドラマ 英会話 学習

2017年9月20日 / 2018年8月13日更新

Hello! 今日は曇りですがムシムシしていますね。

さて、私が大好きなアメリカドラマ「ホワイトカラー シーズン5」が9月からテレビ東京で放映されています。
今日はその中の1エピソードから、日常会話とビジネスシーンで使える表現をご紹介します。

ホワイトカラーとは

ホワイトカラーは英語でwhite collarと書きます。
whiteは白、collarは襟、つまりは白い襟の服(シャツ)を着ている人=ビジネスパーソンを指します。
ホワイトカラー犯罪とは、公式サイトにも説明があるように、ビジネスの世界で横行している
知能犯罪を意味しています。

夢が叶ったを英語で…

今回は、9/15に放映された第7話から抜粋していきます。
またしても私がヒアリングした会話なので、多少の誤差はご容赦くださいませ。

ジョーンズFBI捜査官と主人公でFBIホワイトカラー犯罪コンサルタントのニールが、
犯人をおびきよせるために、FBI捜査官のボス、ピーター・バーグのカッコイイBMWに乗って、
NY市内を走行中の会話。こんなカッコイイ車で捜査をする状況を子供の頃から憧れていた
ことをニールに話すジョーンズの一言。

"I'm living the dream." (字幕:俺の夢が叶った)
live the dreamで「夢を実現する」という表現になります。
動名詞にすることで、今まさに夢を実現している最中であることを表します。

責任があるを英語では?

場面は変わって、ピーターがFBIアカデミーの同期だった女性捜査官と車内での張り込みシーン。
シカゴからピーターが引き抜いた捜査官が殉職してしまったことに対しての一言。

"He was my responsibility." (字幕:俺はあいつに責任があった)
my responisibilityで「私の責任」という意味になります。
また、ビジネスで自分が担当の責任者である場合を示す時には、
"I have a responsibility for ~."(私は~の責任者です)と言います。
have a responsibility for~で~に責任を持つ=責任者という意味になります。
(例:プロジェクト・マネジャー、課長、部長など)
担当者の場合はI'm in charge of~という表現を使います。

こうして、お金を掛けなくても、楽しみながら自分で英語の勉強ができますよ。

この記事を書いたプロ

芝原晶子

芝原晶子(しばはらあきこ)

関連するコラム

芝原晶子プロのその他のコンテンツ

Share

芝原晶子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7085-8308

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原晶子

AST Translation Service

担当芝原晶子(しばはらあきこ)

地図・アクセス

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
facebook