まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岐阜
加藤哲也

熱血コンサルで受験生とともに合格を勝ちとる大学受験のプロ

加藤哲也(かとうてつや)

大学受験の桔梗会

お電話での
お問い合わせ
050-7109-6238

コラム

直行は避けよ。ただし直帰はOK。【私大一般受験ストラテジー】#3

【高3生 現役合格ストラテジー】

2015年12月21日 / 2018年10月2日更新


センター試験まであと約30日。受験の移動による消耗を考慮して、受験スケジュールを組んでいますか?全5回でアナタと私大受験のストラテジーを立てて合格を目指しましょう。

直行は避けよ。ただし直帰はOK。

受験会場が、新幹線を使って、日帰り旅行が出来る場所であっても、余裕のある受験日程を組んで、前乗りすることが理想的でしょう。

大学入試の試験とは、見知らぬ土地に自力で訪問して、自分の一生が決まる一発試験を、非日常的な環境下で受けてくることです。万が一、試験当日にいろいろな不測の事態に見舞われてしまっては、試験時に普段通りの力を出すことは難しくなります。

受験生の敵は、関ヶ原にあり!

岐阜→京都への移動が必要になる場合、積雪などの影響によって、電車・新幹線が遅れたり、運休したりする場合があります。
一部の大学では、悪天候時に試験開始時間を遅らせるなどの、配慮がされる場合があります。しかし、自分の試験日に雪のせいで、試験会場にたどり着けな

過去にお預かりした生徒さんの中には、大垣→名古屋のJRと高速道路が雪で不通になり、午後1時開始の試験に間に合わず、不合格になった者もいました。

ただし直帰はOKです。試験後に早くに自宅に帰って、翌日以降に備えることは良いことだと思います。

この記事を書いたプロ

加藤哲也

加藤哲也(かとうてつや)

加藤哲也プロのその他のコンテンツ

Share

加藤哲也のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-06-09
twitter
Twitter
2018-10-17
youtube
YouTube
2018-06-09
facebook
Facebook