マイベストプロ岐阜
加藤哲也

熱血コンサルで受験生とともに合格を勝ちとる大学受験のプロ

加藤哲也(かとうてつや)

大学受験の桔梗会

お電話での
お問い合わせ
050-7109-6238

コラム

そんなに高得点を取らなくても、合格できると自覚せよ

2016年5月8日 公開 / 2019年9月14日更新

テーマ:【高3生 現役合格ストラテジー】


外部模試を受けてきて、自己採点が終わると「こんな点数ではダメだ・・・」と報告をくれる生徒がいます。しかし、何が、どうダメなのか、自己分析の正確でない生徒をよく見かけます。アナタの志望大学に合格するためには、そんなに高得点を取らなくても大丈夫だと、気づいていますか??

満点を取ることではなく、合否ボーダーを超えることがマーク模試の目的

アナタの志望大学・学部学科の、センター試験での合否ボーダーは、いくつでしょうか?
得点率で「○○%」と答えられますか??
よくわからないという人は、直ちに、調べてみてください。参考になるサイトのリンクを貼っておきます。
旺文社 大学受験パスナビ
センター試験での目標は、満点を取ることではなく、アナタの志望する大学の合格最低点を超えることです。また、私立大学の一般入試では、合格最低点を超えることが最終目標です。とくに、私立大学の一般入試や国公立大学の2次試験では、6割程度の得点率で、十分に合格ラインを超えているはずです。

逆に考えれば「3割強の失点は、全く問題なし」

100点満点のテストで、合格点が65点であれば、逆に考えれば、35点までは失点をしてもかまわないのです。数学であれば、大問1つ分を白紙解答するぐらいいは、どうということはないのです。どの問題で得点で得点を稼ぎ、どの問題を捨てるのかを見極める力をつけることが大事です。また、得意な単元で得点を稼いで、苦手分野の失点の穴埋めにまわすことも考えていいです。
苦手のことを考えすぎて、精神的にキツく感じていませんか??少し見方を変えるだけで、ラクに感じませんか??

やるべきことは合格採点を超えるための訓練」

外部模試は、今後の自分の目標を再設定するための材料です。合格最低点をクリアするためのポイントを明確に示してくれます。何を、どのように手当をするかは、一人ひとりの個性によって異なります。得意をもう人伸ばししてもいいですし、苦手分野の改善に集中するのもいいです。受験大学の科目配点に偏りがあったり、傾斜配点が設定してある場合は、これらも考慮に入れましょう。
自分にとって、最も得点の稼ぎやすいところを、正確に把握して、トータルで合格最低点を突破するための戦略を作りましょう。
自分で作戦が立てられないなら、学校の先生や、塾の先生と一緒にやってみましょう!
明日からの勉強への取り組みが大きく変えられますよ!!

この記事を書いたプロ

加藤哲也

熱血コンサルで受験生とともに合格を勝ちとる大学受験のプロ

加藤哲也(大学受験の桔梗会)

Share
関連するコラム

加藤哲也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-7109-6238

 

授業中など、直ぐに電話に出られない場合があります。必ず24時間以内に、加藤から折り返しのご連絡を差し上げます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤哲也

大学受験の桔梗会

担当加藤哲也(かとうてつや)

地図・アクセス