まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

福島県の健康指標はさらに悪化?

震災関連

2018年6月6日

福島県の健康指標はさらに悪化?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘福島県の健康指標はさらに悪化?’という報告です。

 福島民友新聞によりますと...2017年の福島県の死亡率(人口10万人当たりの死亡数)の死因別で、心疾患が全国ワースト6位(前年7位)、脳血管疾患が7位(同8位)で、いずれも前年より悪化した。厚生労働省が1日発表した人口動態統計(概数)で分かった。がんは前年と同じ13位で、県民の健康指標悪化が改めて浮き彫りとなった。

 県は「厳しい現状で重く受け止める」(健康増進課)とし、喫煙対策や塩分摂取の抑制などで疾病予防を進めるほか、健民アプリを使った運動推奨にも引き続き取り組む。本年度は福島医大健康増進センターと連携し市町村の健康データ分析も行う予定で、地域の健康課題をあぶり出し、健康長寿県への転換を目指す。心疾患の死亡率は217.2人、脳血管疾患は128・1人、がんは345・3人。県全体の死亡数は2万4781人で前年より615人増加した。人口1000人当たりの死亡率は前年比0・4ポイント増の13・2人で全国平均の10・8人を上回り、全国順位は前年と同じ悪い方から数えて13番目だった。

 死因別の割合はがんが26・1%と最多。心疾患16・4%、脳血管疾患9・7%と続く。本県では1984年以降、がんの死亡数が1位だ。がんの内訳は気管・気管支・肺が19・2%で最多。胃12・8%、結腸9・8%と続く。心疾患で最も多いのは心不全で37%、脳血管疾患の最多は脳梗塞で62・3%を占めた。

 以前から福島県の健康指標は全国平均よりも悪かったのですが、原発事故以後さらにそれが悪化し、改善の兆しが認められていません。県も色々な方策は考えてはいる様ですが、どれも実効性のあるものとは思えません。今後さらなる方策の検討が必要かと思われます。

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ