まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
岡本陽

経営者と従業員をつなぐ人材を育成するプロ

岡本陽(おかもとあきら)

IMソリューションズ株式会社

コラム

マーケティング 売れるためのに考える~変遷~

ビジネスについて

2018年6月7日 / 2018年6月10日更新

こんにちは。

成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。
以前、マーケティングの神様、コトラー先生のマーケティングについてお話ししましたが、
今日は、コトラー先生の「マーケティング4.0」をもとに、マーケティング変遷についてご紹介したいと思います。

◆マーケティングの変遷


コトラー先生いわく、マーケティングは4段階あるといわれております。
一段階目は【製品志向主義】
これは、モノが不足している時代の考え方です。つまり、「優れた技術を元に考える」「良いモノを作れば売れる」がカギとなります。

二段階目は【顧客志向主義】
これは、良いというだけでは売れない時代の考え方です。つまり、「顧客ニーズを元に考える」「ニーズのある人が対象」がカギとなります。

三段階目は【価値主導主義】
これは、モノが飽和している時代です。つまり、「機能や性能よりも、その価値が重視」「精神的な満足を要求している」「社会貢献」がカギになります。

四段階目は【自己実現主義】
こらは、デジタル時代である現在の考え方です。つま「自己実現欲求を満たす」「ファン作りが重要」「Waoを作りだす」がカギになります


◆日本の現状


「日本の社会はまだ二段階ではないかな」私はこの本を読んで最初に思いました。
消費者の行動は「自己実現」で動いているものの、商品やサービスを提供する企業側はまだまだ、一段階目、せいぜい二段階目が多いと思います。
よく「いいものだから間違いなく売れる!」「なぜ、こんなに良いものなのに売れないんだ」なんて言う声が聞こえますから。

では、なぜ、この状況から脱出できないのか。
これは企業のトップや生産者の考え方が「モノが不足している時代」の成功体験をもとにしているからだと思います。
しかし、消費者は確実に「価値主導主義」から「自己実現主義」に動いてます。これは、いわゆる「モノ消費からコト消費」へと移っているので皆さん、お気づきのはずなんです。

過去の成功体験を一旦横に置いて、考えてみませんか?

次回はマーケティングのフレームワークである4Pと4Cについてお話しします。


◆関連コラム


マーケティングの目的をドラッカーとコトラーの言葉で考える その1
http://mbp-ehime.com/imsolutions/column/6140/

マーケティングの目的をドラッカーとコトラーの言葉で考える その2
http://mbp-ehime.com/imsolutions/column/6168/

新規事業を松下幸之助の経営の名言で考える
http://mbp-ehime.com/imsolutions/column/6116/

★★無料メルマガ登録★★

コラムを最後までお読み頂きありがとうございました。
部下をもつ管理職の方向けに無料のメールマガジンを発行しております。

気になる方は今すぐクリックして登録してください!

管理職のスキルアップメールマガジンの購読申し込みはこちら

この記事を書いたプロ

岡本陽

岡本陽(おかもとあきら)

岡本陽プロのその他のコンテンツ

Share

岡本陽プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
089-989-1171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本陽

IMソリューションズ株式会社

担当岡本陽(おかもとあきら)

地図・アクセス

岡本陽のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-25
twitter
twitter
2018-07-25
facebook
facebook