マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ーアメリカは宗教国家です―大統領宣誓式に見る

2021年2月13日 公開 / 2021年3月3日更新

テーマ:その他、番外

コラムカテゴリ:スクール・習い事

アメリカは宗教国家です。わざとセンセーショナルに書きました。

少し前になりますが、アメリカのバイデン新大統領が大統領就任の宣誓式に、先祖代々伝わるフランス製の聖書を持参し、その上に手を乗せて宣誓をするという報道を見ました。

ほとんどの人はそのまま、「ああそうか」と通り過ぎると思うのですが、私は日ごろから思っている疑問への答えを更に確信しました。

それはアメリカは明らかに宗教国家、キリスト教国家という事実です。
政教分離原則がやかましい日本では、絶対にあり得ないことです。

菅首相が、仮に熱心な仏教徒であってもお経の上に手を置いて宣誓などしません。
誰か首相がいたとして、その人が熱心なクリスチャンだとしてもこんなことはあり得ません。
でも、日本国憲法の政教分離原則を徹底する条文の下書きをしたアメリカは、違うのです

ちなみにアメリカでは、大統領の演説はほとんどの場合に God Bless America で終わります。

”神のご加護がありますように”

これに対して、何の問題も起こりません。これも、アメリカが政教一致の国であるという決定的な証拠です。

繰り返しになりますが、政教分離のやかましい日本ではこんなことを言うと即刻、内閣総辞職になります。
日本とアメリカは宗教という扱いがこんなにも違うのです。

一つ明確にしなければならないことがあります。
それは信教の自由原則に照らして、菅さんが熱心なクリスチャンであっても創価学会員であっても一向にかまわないということです。

これは公明党の存在を見れば明らかです。
知っている限りでは、公明党の議員は全員創価学会員です。でも日蓮大聖人の教えを信奉することと、国会議員になる資格は矛盾しないのです。

問題となるのは、公明党が創価学会員に対してだけ政治的、経済的利益を与えるような活動をすれば政教分離原則違反で罰せられるということです。

私たち英語を学ぶ者にとって、キリスト教というものの存在を忘れてはならないと思います。
英文の中には、キリスト教に関する記述が多数でてきます。

特に多いのは、旧約聖書の創世記に関する記述です。
アダムとイブの物語やノアの箱舟なども出てきます。

日本人は宗教音痴と言われますが、私たちは英語を学ぶ時にキリスト教としっかり対面する必要があります。

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム

山中昇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7801-8405

 

受講者、受講希望の皆様のために公開しています
業者の皆様へのお願い:売込みはご遠慮ください、メールなら構いません

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇

英検一級道場

担当山中昇(やまなかのぼる)

地図・アクセス