まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-敗戦から学び、雪辱のための方策を考えることが大切です

受講生の奮闘と悩み

2017年6月23日 / 2018年9月19日更新


受講生から不合格だったとのメールが届きました
あと1歩及ばなかったようです

下記のように返事しました

今回サポートした中で、〇〇さんは合格見込みの分類に入れてあったのですが------

持っている力が100%発揮できない何かがあったのだと思います

不合格でも、命を取られるわけではないし、英検は年に3回も勝負してくれます
秋に雪辱を果たしましょう

短期で構わないので、必要な時に使ってください
不明点の解説や、実力チェックなどで役に立つかもしれません

敗戦から学ぶ姿勢が大切です

私は、1997年6月に、準1級を高得点で合格しました
その勢いで秋に1級を受けたら3点不足で不合格

敗戦から学び(どこをどう間違えたか、どこがどう理解できなかったかを徹底的に分析)、弱点を補強し、翌年6月には合格しました
まぐれだろうと思って、数回繰り返したのですが、毎回得点アップしたので、そこそこにできるのではないかと思い込み、受験を続けました
そうこうしているうちにやめられなくなり、今日まで続いています

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share