まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-2級レベルから出直し-急がば回れ!

受講生の奮闘と悩み

2016年4月17日 / 2018年9月22日更新



英語をやり直したいという強い思いで英検1級道場に入ってこられる人が多くおられる
今現在、5人の受講生に、2級レベルの単文集(英文1-2行の用例集)350問を勉強してもらっている
終わったら、準1級レベルを900問やってもらい、さらに上を目指す人には、1級レベルの1200問をやってもらっている

長文は、これらの単文集が積み重なったものだ
つまり、単文集がすらすら読めて理解できない人は長文もすらすらとは読めないのだ

2級レベルで、高校卒業レベルの基礎中の基礎が総復習できる
準1級レベルで、大学中級レベルの、しっかりとした基礎を固めることができる

多くの人が、1級や準1級合格までに連敗を繰り返し、英検1級道場を訪ねてこられるが、例外なく、一つまたは二つ下のレベルで、意外な(自覚症状がない)弱点を抱えておられる

この弱点というのは、単語ではない
基本的な文章構成の理解にかかわることだ
結局、私が英語を嫌いになった S V O に帰結するのだ!

英検1級道場は、このように、基礎から見直して弱点を補強し、合格するレベルになるためのレッスンをしている
普通の英語学校では、一人一人のニーズにまで気を配ることはむつかしい

突破口を開けない人は、英検1級道場を訪ねてほしい
きわめてオーソドックな方法で、基礎からサポートしまう

基礎を固めて大きく育てます

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share