まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
菅野昭子

アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

菅野昭子(かんのしょうこ)

Ange Gardien

お電話での
お問い合わせ
090-8115-8465

コラム

なんだか不安で落ち着かない時は

メンタルヘルス

2016年11月22日 / 2016年11月24日更新

みなさまおはようございます。
雪ですね。
今朝も地震がありました。緊急地震速報はいつ聞いてもどっきりします。

さて二日前の地震、すごかったですね。
津波警報も出されました。

朝からテレビは津波の情報を流しているし、路線情報を見ると運転見合わせや遅延情報ばかり。

こんなにいろいろなことがあると気分がざわざわしませんか?
今日本各地で、大きな地震が起きていますし、東日本大震災の事を私たちは忘れていません。
その中で、
「また起きたらどうしよう。」そのような不安でいっぱいになります。
不安は怒りのもととなる第一次感情の代表です。

あふれだした心のコップの中の水は、誰か弱い人に向かうかもしれません。
相手も同じように、不安が一杯になっていますから、お互いにイライラを高めあってしまうかもしれません。

そんな時にはグラウンディング

グラウンディングはアンガーマネジメントのテクニックでもあります。
今に意識を持ってくることです。
私は丹田(おへそから指三本下)に意識を集中させます。

何かのテレビで見ました。合気道の先生が、
「心が浮ついていると胸で呼吸をしている。落ち着いているときは腹で呼吸をしている。」
とおっしゃっているところを。
そこから私はグラウンディングできていなければ(=地に足がついていない状態)丹田に意識を集中し
呼吸をすることを心がけています。

不安を減らすコツ。
起きても大丈夫と思うことができるように、備えること。
そして、備えるだけ備えたら、意識を今に持ってくること。

今日はとても寒いようですが、心は温かくしていってらっしゃい。

この記事を書いたプロ

菅野昭子

菅野昭子(かんのしょうこ)

菅野昭子プロのその他のコンテンツ

Share

菅野昭子プロのその他のコンテンツ