マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう) / 塾講師

有限会社 言問学舎

コラム

国語に強い言問学舎・2017年度中学生各学年のご案内

2017年2月17日 公開 / 2020年7月23日更新

テーマ:総合学習塾・言問学舎

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 国語 勉強法

 今日は東京都立高校一般入試(分割前期)の一週間前です。高倍率の都立高入試では、この直前一週間の過ごし方が、合否の分かれ目になると言っても過言ではありません。見通しのいかんにかかわらず、最後までできることをして(社会・理科の暗記を中心に、国語では漢字、数学は基礎の確認と関数、証明の演習、英語はイディオムの復習と英作文の練習など。国語・社会は言問学舎で直前日曜講習も実施します)、あとは気持ちを落ち着け、平常心で当日を迎えられるよう、万全の備えをして下さい。

 さて、本日は中学校各学年の特色について、ご案内をさせていただきます。

新中学1年生

 新しく中学に進級して、自分を取り巻く世界が大きく変わり、勉強の内容も一新される感のある、重要な一年です。まずは小学校の復習から、中学校の内容に無理なく進む橋渡しをすることと、中学校の定期試験/提出物のペースに慣れて行く必要があります。そしてスタートの1学期が肝心。特に数学・英語では、評定「5」を取って、スタートダッシュをかけたいものです。

 言問学舎の中1コースは、週5コマ(60分授業)の時間割で、中学の勉強をしっかり身につけながら、同時に学校生活になじむことへのサポートもかね、お子さんの成長を応援します。また、入学前の準備講座・春期講習で、スムーズに算数から数学、また中学英語への移行が進むカリキュラムです。少人数制ですから、わからないところを残さず、全員の進度をきちんとフォローします。そして19時20分開始の「部活応援型時間割」です。

新中学2年生

 まず春期講習で、1年生で習ったことの復習をしっかり行ないます。ここができていないまま2年生になると、1学期の間に数学・英語とも、どんどん遅れが広がることになります。これまで順調に来ている人も、やはり2年1学期が重要。またこの時期は、勉強と部活の双方の負担が大きくなって、中2生にはつらい時期でもあります。勉強と部活、学校生活の両立まで、こまやかにフォローします。

 中2コースは、週6コマ(60分授業)に増え、社会・理科を隔週で勉強する形になります。「部活応援型時間割」で、5教科すべてに対応します。社会・理科の勉強でお困りの方は、2科のみの受講も可能です。折りに触れて受験への意識を高め、中学3年をしっかり迎えられるように学力を高めながら、揺れやすい中2生のメンタル面をも受けとめます。また国語の「文法」も、ここから体系立てて教えて行きます。

新中学3年生

 中3は受験学年。高校受験が最大の目標です。言問学舎の大枠の指導方針は、2学期の期末までに定期試験の成績を上げ、内申点(調査書点)を上げることにあります。一部の上位私立高を除く、高校受験の大半で、この内申点がベースとなるためです。いっぽう「国語」においては、「国語専科」で、都立推薦やグループ(独自)問題作成校、上位私立高対策も行ないます。

 中3コースのカリキュラムとしては、やはり春期講習で、1・2年生で習ったことの復習・確認をしっかり行ないます。2年生以上に、これまでの復習確認が重要。夏期講習でも再度、同じ領域の復習をしますが、「1・2年範囲だけ」の春休みに一度やっておく方が、効果は早く、大きくなります。また定期試験に照準を合わせつつ、高校入試に向けての弱点補強を織り交ぜて行きますので、2学期期末後は、一気に受験体制に入り(一部未習領域を除く)、志望校合格をめざします。

 中3生にとってもう一つ重要なのは、「受験指導」です。今年も差し替え後に全日制全体で1.50倍(普通科男子1.57倍、女子1.58倍)という高倍率の都立高入試となっていますが、受験全体の戦略を早くから綿密に立て、あらゆる事態にそなえながら受験に臨むことが、いまの都内の高校受験では重要です。言問学舎では、受験のしくみに精通し、私学の情勢にも詳しい舎主が自ら一人一人を徹底してフォローします。そしてメンタル面の指導も充実していますから、安心して受験のすべてをおまかせいただけます。

各学年共通のカリキュラムと進度


 1年間のカリキュラム(数・英)は、学校の教科書の単元におおむね沿って進めます。進度は、標準としては学校の1~2週先を進むペースですが、少人数制ですから、生徒の理解度に合わせて、柔軟に対応します。そして通常授業は教科書+αのテキストで進め、定期試験対策期間は教科書完全準拠のテキストで、試験範囲の勉強を徹底します。期末テストでは、実技4科のペーパーテスト対策も実施します(中3の1学期までは教材費のみ有料、中3の2学期は無料)。

中・高一貫校の方について


 「国語専科」を含め、「中・高一貫校コース」にて対応致します。特に国語は、新中3生からセンター試験に代わる新テストの世代ですから、表現力・記述力を含めて、早めに国語力を高めて行く必要があります。詳しくは以下のリンクをご確認下さい。
私立中学生の国語の勉強について


※区立中、私立など中・高一貫校の方すべて、受講教科一週間分の無料体験授業受講が可能です。学年末試験前に、ぜひご活用いただき、言問学舎を体験して下さい。

小学生についての詳しいご案内は、下記リンクよりご覧下さい。

1月18日・19日に、土・日入塾説明会を開催します。詳細はこちらからどうぞ 

1月19日の「都立高校直前対策日曜講習」の詳細はこちらです。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP http://www.kotogaku.co.jp/

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(有限会社 言問学舎)

Share

関連するコラム

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-04-20
youtube
YouTube
2011-06-23
youtube
YouTube
2019-10-26