まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

2013年、言問学舎の今年なすべきこと

総合学習塾・言問学舎

2013年1月11日 / 2013年1月18日更新

 平成も今年で25年、2013年となりました。あらためて、本年もよろしくお願い申し上げます。

 20年前、1993年の4月8日に、カンボジアのコンポントムで、UNTAC(国連カンボジア暫定行政機構)の選挙監視活動に従事していた中田厚仁さんが殺害されました。25歳の若さでした。

 少年時代をポーランドで過ごされ、世界の平和のために活動したいという思いを、はじめて実施されるカンボジアの民主的な選挙において、現実の行動において実現されているさなかの悲劇でした。

 昨年6月に、皇太子殿下が、カンボジアで厚仁さんの碑に献花なさるという報道があり、お父様の中田武仁さんのコメントも報じられましたので、ご記憶の方が多いと思います。

 20年という時間は、長いものです。しかし、厚仁さんの残された思いは、いまもカンボジアの土地に、また人々の心に、生きつづけています。そのことを、日本の人々もまた、深く思い見るべき年なのだと、この2013年について考えています。

 昨年、『ある青年の思い出』という冊子を、まったくの私家版としてまとめました。2005年春から2012年春まで、8代にわたる中3卒業生たちの、厚仁さんに対する思いを述べた感想文を、まとめたものです。こちらが何の誘導もしないのに、中3の子どもたちは厚仁さんの残されたものの大きさを、きちんと受けとめてくれています。「言葉」と「心」でしっかり伝えさえすれば、年月や時代を超えて、真に大事なものは伝わってゆくのです。

 厚仁さんのことを多くの人が考える一年であって欲しいし、そうして行きたい。そしてまた「言葉」と「国語」の力、すばらしさを、同じく問いかける年にしたいと思っています。そのことを、言問学舎のなすべきこととして、表明する次第です。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
[[文京区の総合学習塾・言問学舎http://www.kotogaku.co.jp/]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-21
youtube
YouTube
2011-06-23
youtube
YouTube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ