まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山木理代

思いやりの心を伝えるマナーアドバイザー

山木理代(やまきみちよ)

株式会社エサンシエル

山木理代プロのコラム一覧

桜がまさに満開の時を迎えました。桜を眺めていると、春の訪れを心から嬉しく感じられます。きっとこの春に新社会人になる方は、喜びと不安で一杯の時期かもしれませんね。昨年の今頃、ドキドキしながら入社を待っていた方々は、もうすぐ2年目ですね。本当に、1年はあっという間です。...

伝統行事

2017-12-04

師走に入り、クリスマスの華やかな雰囲気に街全体が包まれています。クリスマスが終わるとすぐにやってくるのが、大晦日そしてお正月。皆様はお正月の準備を毎年いつ頃からされますか?実はお正月の準備をスタートするのに最適な日があることをご存知でしょうか?12月13日の「正月事始め...

酒とごはんと、仕事と暮らしの情報がたっぷり詰まった、日経BP社様運営Webサイト『カンパネラ』「気安さがぐっと距離を近づける センスが光るカジュアル接待」という特集に掲載をいただいております。今は接待のスタイルも様々です。どんなスタイルでも、喜んでいただくための「おもてな...

西洋料理や日本料理のマナーに比べると、細かいマナーが無い中国料理。円卓を囲んで和気藹々と食べる料理は楽しいですね。角のない円卓を囲むと、同席している皆さんのお顔が見えます。どなたともお話が通じやすいって、円卓の魅力の一つです。日本に住む私達にとって、中国料理は大...

伝統行事

2017-09-07

9月に入り、空気がすっかり入れ替わりました。あっけなく夏が過ぎてしまった感じがしませんか?9月と言えば、9月9日は「重陽の節句」です。と、言われても馴染みのない方も多いかもしれませんね。おなじみの「桃の節句」や「端午の節句」などと同じく五節句の一つです。唐の時代、お...

神社って、一歩足を踏み入れると心地良く感じませんか?頬に感じる風が爽やかで、フッと心が安らぎます。心地良さに、神様が迎えてくれている?!と思いたくなります。ついつい、神様~!!と頼りたくなりますが、神社はお願いばかりではなく「お礼を伝える場所」です。神様だって「ありが...

お盆休みも終わり、少しずつ日常に戻りつつありますね。皆様はお盆期間はいかがお過ごしでしたか?私は故郷へ帰省して参りました。日程を合わせて妹一家も合流したので、甥っ子達の賑やかな声に包まれた数日間でした。一緒に食事をしていると、箸やフォークなどの使い方に必死な甥っ子たち...

伝統行事

2017-08-07

暦の上では、本日は「立秋」です。早いですね!とはいえ、今が夏気分を満喫できる時です。夏、と言えばお祭りシーズン。全国あちらこちらで様々なお祭りが催されています。私のふるさと秋田では「竿灯まつり」が昨日まで行われていました。いつも以上に秋田の天気予報を眺め心配をしてし...

暑い毎日、冷たい飲み物が美味しいですね。訪問先で、アイスコーヒーやジュースなどが出されるととてもありがたく感じます。ところで、出して頂いたお茶などの飲み物をいつも召し上がってますか?「訪問先で出された飲み物をいただくタイミングが難しくて。」「いただいて良いか不安にな...

先日、料亭で日本料理会食実践レッスンを開催しました。夏らしい食材の数々に鱧、そして土用の丑の日を前に一足早く鰻をいただいたり。「マナー・作法を知っていると、知らないより楽しみ方が断然違いますね!」とお声を頂き、私も嬉しいです。 美しいように見える『手皿』は本来はタブー...

毎日お家で食事をする時に「箸置き」を使っていますか?箸置きが無くても、もちろん食事はできます。でも箸置きはお家での食事でも使って頂くと、良いことずくめの素晴らしいアイテムです。 箸置きを使うと生まれる良い効果とは? 箸置きを使うことの良さは大きく3つあります。ま...

皆さまは、筆まめですか?先日、よくお便りを書かれる方に「筆まめでいらっしゃいますね!」と話していた時の事ですが…。途中から会話に加わった方が「最初、筆まめってソフトの事だと勘違いしました。」と。なるほど、そういう勘違いも生まれる時代なんだなぁ~と笑ってしまいました!日...

先日、お昼に入った和食屋さんで隣にいらした外国人観光客の方がとても器用にお箸を使いこなしていました。ついつい、上手なので見つめてしまったのですが、目が合ってニコッと微笑んで「オイシイデスネ~」と話して下さり、心和むひとときでした。お箸文化のアジア圏でも、匙(スプーン...

こんにちは。マナーアドバイザーの山木理代です。こちらのコラムでは、ちょっと役立つお話を少しずつ綴らせていただきます。ところで「食べるのが遅くって、会食のお席で特に困るんです。」と悩まれる方は意外と多いですね。ご自分の「一口」ってどれくらいの大きさでしょう?実際に...

山木理代プロのその他のコンテンツ

Share

山木理代プロのその他のコンテンツ