まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

未完の建築:アントニオ・ガウディ「コロニア・グエル教会」

一休み

2013年1月26日 / 2018年8月27日更新

 アントニオ・ガウディの「サグラダ・ファミリア」は、世界的に有名な建築物ですが、2005 年7月15日にユネスコ世界遺産に指定された「コロニア・グエル教会」は、未完の建築として隠れた名作です。
 この教会は、結局未完成に終わったにもかかわらず、ガウディの最高傑作として位置づけられています。ガウディが、数々の革新的な建築学的試みを総合的に実践した初めての作品といわれています。
 カテナリー(懸垂線)アーチは、重量負荷の問題を単純化するとともに、外壁が双曲放物面(ハイパーボリック・パラボロイド)の形状となることを決定しています。また、全体の調和を尊重する精神が作品の随所に反映されています。内部の空間には、なめらかな流れと力強さが共存し、階層は建設地の丘の急な傾斜にあわせられ、素材には周囲の植物や土と同系の色や質感のものが使用されています。
 一度は訪れてみたい場所です。






タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+