まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
栗林英法・

時計をこよなく愛する修理のプロ

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

栗林英法・プロのコラム一覧:オメガ機械式時計

今回はオメガシーマスターの修理 オーバーホールのご紹介です。今回のシーマスターは遺品とのことで、手にしたときからこの状態だったとのこと。ぜひ修理して使いたいとのことです。まるで豹柄のようなこのダイヤル、、、、リダンといって書き換えをいたします。機械のほうで...

今回は、オメガシーマスターカレンダーのファーストモデルの修理オーバーホールのご紹介です。画像は完成したものです まず、シーマスターカレンダーですが、1952年に登場しますが、6時方向にカレンダー窓があるのはファーストのみで、キャリバーはCal.351をベースにカレンダーを搭載してC...

今回は前回に引き続きオメガ シーマスターGMTの修理オーバーホールのご紹介です。今回はいよいよ完成です。GMT機構の歯車群も交換いたしました。針は、交換せずに夜光を入れなおして使用いたしました。蘇った感がありますね。 嬉しいです。外装も磨きなおして、完成しまし...

今回は前回に引き続きオメガ シーマスターGMTの修理オーバーホールのご紹介です。今回は、時計機構の完成です。地板はがんばって磨きました。かなり綺麗になったので、安心して使えます。2番車、3番車、4番車、ガンギ車は、当然交換です。実は香箱真から、ガンギ車までの輪列...

今回は前回に引き続き、オメガ シーマスター GMTの修理オーバーホールのご紹介です。今回は、自動巻き機構の組み立てです。清掃洗浄前の画像を取り忘れましたが、この状態にするのに一苦労しました、、、、回転錘のベアリング部分(画像左側の部品の丸い部分)は、錆で使いのもに...

今回は前回に引き続きオメガ シーマスターGMTの修理オーバーホールのご紹介です。画像はテンプ受けの完成画像です。作業前の画像をとり忘れてしまいましたので、このシリーズの一番初めのブログの画像でご確認ください。今回は心臓部のテンプ廻りの作業です。耐震装置と呼ばれる...

今回は前回に引き続きの オメガ シーマスターGMT  Cal.1128 の修理 オーバーホールのご紹介です。今回は動力源のゼンマイ交換をいたしました。香箱真といって、ゼンマイが巻きつく部品があるのですが、見事に使用不可能な状態です。香箱真とゼンマイも新品に交換します。...

今回は、オメガ シーマスター 修理 オーバーホールのご紹介です。実はこの画像の文字板は、清掃後の画像です。作業前の画像をとり忘れていました。残念です。今回は、いつも注意を呼びかけさせていただいています、水入りの事例のご紹介です。このパターンが最悪な例だと思います...

今回はオメガ、スピードマスターCal.3220の修理オーバーホールのご紹介です。今回のオメガ スピードマスター Cal.3220は、時計はかろうじて動いていますが、クロノグラフ機構が動作しませんでした。分解していきますと、リューズから入ったと見られる、水が部品をさびさせてい...

今回はオメガ スピードマスター Cal.1151 修理 オーバーホールのご紹介です。今回のCal.1151は ETA社の7750ベースの機械設計ですが、トリプルカレンダー、ポインターデイトの付加装置が追加されています。このモデルは、24時間計のインダイヤルにAMとPMの識別が容易にする為に...

今回は、オメガ シーマスター コスミックの修理オーバーホールのご紹介です。オメガのCal.500番台のベース機の600番台の手巻きの機械です。これは、完成写真ですが、所見当初の不具合箇所はリューズ取れ、針当り不動、ベルト切れでしたが、機械は油切れで、歯車等、が少し痛んでいまし...

今回は オメガシーマスターの限定007モデルの修理 オーバーホールのご紹介です。水入りの可能性ありとの事で急いで分解しましたが、特に水入りではありませんでした。初見の時に針が湿気で腐食しておりました。さらに減圧バルブが緩んでいたかもしれないとの事。交換部品は針とパッキン...

今回は シーマスター コスミックの修理 オーバーホールのご紹介です。今回はかろうじて動きますが、長年眠らせていた時計の再生になります。まず、シーマスターコスミックですが、1976年にオメガは明確なジャンル分けをしています。その中のシーマスターは防水性を備えるスポーツモデ...

栗林英法・プロのその他のコンテンツ

Share

栗林英法・プロのその他のコンテンツ