まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
栗林英法・

時計をこよなく愛する修理のプロ

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

コラム

オメガ シーマスター カレンダーファースト Cal.353

オメガ機械式時計

2015年12月22日

今回は、オメガシーマスターカレンダーのファーストモデルの修理オーバーホールのご紹介です。
画像は完成したものです


 まず、シーマスターカレンダーですが、1952年に登場しますが、6時方向にカレンダー窓があるのはファーストのみで、キャリバーはCal.351をベースにカレンダーを搭載してCal.353として登場します。



初見から竜頭操作で、ムーブメントが動くのが気になっていました。
裏ブタを開け、機止めを見ると、、、あれ?なんだか見たことあるような、、、、、?
外してみると、時計の分針で製作された機止めが入っていました。二本重ねて入れられていますが、これではとても機械を固定できません。
これが原因で、ムーブメントが動いていました。 こういった場合、不本意ですが、部品が無いので、合わせ、加工、製作などで対応になるのですが、今回は製作いたしました。
画像の右側が時計の針を加工されて取り付けられていたもので、左側が今回製作したものです。


これで何とか、機械をしっかり固定することが出来ました。
ハーフロータは当時かなりの巻き上げ効率を誇っていましたが、現代となっては全回転ローターにはかないません。
しかも、自動巻きりん列がかなり痛んでいたためで、本来の巻上げすらままならない状態でしたが、何とか調整できました。









アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
九州 大分県別府市石垣東6丁目8-30トレジャー石垣1F
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

栗林英法・

栗林英法・(くりばやしえいほう)

栗林英法・プロのその他のコンテンツ

Share

栗林英法・プロのその他のコンテンツ