まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
伊藤俊輔

年金重視「FP相談」のプロ

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

コラム

「ねんきん定期便」を活用しよう!【2】何のための年金か ~人生は長い~

ねんきん

2011年10月25日 / 2014年7月3日更新


 「ねんきん定期便」を活用しよう!【1】はじめに。
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/3653/
 から10日以上経ってしまいました。失礼しました。

 ねんきんを活用しましょう、具体的に解説しますと前回書きましたが、
 なぜ活用する必要があるのか。そもそもどういった活用をするのか。
 まずは問題提起です。


 これまでの「ねんきん定期便を知ろう!」シリーズでは、
 将来受け取る年金のついて解説してきました。
 <参照コラム:「ねんきん定期便」を見てみよう!【もくじ】>
  http://mbp-kyoto.com/money-2nd/column/3649/

 この”将来受け取る年金”というのが何のために存在しているかといえば
 ”長寿”です。

 この長寿について少し書いてみたいと思います。

----------------------------------

 日本人の平均寿命をご存知でしょうか。

 女性が86.44歳、男性が79.59歳です。
 (厚生労働省:平成21年簡易生命表より。以降同じ。)

 平均寿命とは、おぎゃーと生まれた赤ちゃんが平均して何歳まで生きるのかという
 統計データです。日本は世界に誇る長寿大国です。


 命の長さに関わる統計データとして、平均寿命よりも私が注目しているのは
 ”平均余命”です。
 
 60歳 女性28.46年(88.4歳)・男性22.87年(82.8歳)
 70歳 女性19.61年(89.6歳)・男性15.10年(85.1歳)
 80歳 女性11.68年(91.6歳)・男性 8.66年(88.6歳)

 この数値の見方は、例えば60歳女性は平均して28年生きるということです。

 60歳まで元気に生きてこられた方々だけが対象ですから、
 当然ながら平均寿命よりも長い88歳となっています。


 言葉を選ぶ必要がありますが、
 0歳の平均余命(平均寿命)が86歳、60歳の平均余命が88歳、
 わずか2年しか変わらないということは、多くの方々が60歳を迎えられると
 言ってよいのだと思います。
 

 さらに、統計データとしては”生存割合”というものもあります。
 
 90歳 女性46.4%・男性22.2%
 95歳 女性23.7%・男性 8.2%

 いまや、女性の約2人に1人、男性も約5人に1人は90歳まで生きる世の中なのです。

----------------------------------

 次に、この90歳という年齢をキーワードにしてみたいと思います。

 いわゆるお勤め(会社員)の方々にとっては、定年60歳というイメージがあります。
 定年年齢が伸びたり、延長雇用というような仕組みも広まりつつありますが、
 わかりやすく60歳でお話を進めます。


 リタイアする60歳からキーワードの90歳、この間30年です。
 では、60歳からの30年前を考えてみてください。30歳ですよね。

 30歳から60歳までと、60歳から90歳まではまったく同じ30年です。


 30歳から60歳までといえば、かなり長いイメージを持たれると思います。

 仕事が身につき、結婚し、子どもが生まれ、家を購入し、子どもの手が離れ、
 仕事での責任が増し、子どもは独立、そしてリタイア。

 これだけの期間と同じ30年がリタイア後も待ち構えているのです。

 
 30年もの長い期間、何をして過ごすか悩ましいかもしれません。
 しかしながら、多くの方々の頭を悩ませるのは、何をして過ごすよりも、
 先立つもの(お金)をどのようにするのか、です。

----------------------------------

 そこで、リタイア後のお金のベースとなるのはやはり”将来受け取る年金”なのです。
 次回は活用のための考え方の続きを書いていきます。

 なお、前回シリーズと同じく前段が長くなってしまいそうです。
 どうぞお付き合いくださいませ。
---------------------------------

 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

----------------------------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

伊藤俊輔

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

伊藤俊輔プロのその他のコンテンツ

Share

伊藤俊輔のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-25
rss
ブログ
2018-09-25