まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

破産,個人再生,任意整理 ~(4)任意整理~

借金

2018年4月9日

(続き)

今回は,「破産」,「個人再生」に続き,「任意整理」につきご説明します。

これまでご説明した「破産」や「個人再生」の手続きは裁判所に対し申立を行い,そのうえで裁判所に決定をもらう手続きであり,かつ,法律により規定されている手続きです。

その意味で「法的整理」ということがあります。

一方,「任意整理」は「任意」という言葉が示すとおり,法的な根拠はなく,債務者である借主と債権者である貸主とが「任意」に話合いをして,債務の返済方法について合意するという手続きです。

この「任意整理」の場合,多くのケースでは,債務自体は圧縮されることは難しいです。

つまり,300万円の借金があれば,300万円は返済することになります。

「なら,何がメリットなの?」という話になりますが,大きなポイントは,「原則」として」合意が成立した後の利息は支払わず,元金のみの返済となるということです。

これは意外と大きく,例えば,300万円の借金で年率15%の利息がつくと,それだけで45万円かかることになります。

その利息を支払わないで済むとすると,同じ45万円の支払をしても,利息がある場合は,借金が300万円のまま変わらないのに対し,利息がない場合は,255万円となります。

この説明で,返済が進みやすいということはご理解いただけると思います。

では,どのようなケースで,「法的整理」ではなく「任意整理」を選択するのか。

まず1つめは,最初に書きましたが,「借りたら返すのが当然」という考えをお持ちの場合,少なくとも,元金は支払う任意整理を選択することがあります。

また,「法的整理」の場合,裁判所に行く必要がある場合があったり(但し,実際には多くの確率で裁判所に一度も行かないで,手続きは終了します),あるいは,裁判所の決定があった時に,「官報」という政府発行誌に掲載されるので,そのようなことになると困るという方は,任意整理を選択することもあります。

ただ,任意整理も,結局は,破産や個人再生と同様に,「信用情報の事故情報」(「ブラックリスト」と表現される方もいます)として登録されることとなりますので,支払総額だけ考えると,「法的整理」のほうが有利と考えられます。

(以上「完」)

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ