マイベストプロ神奈川
田沢剛

法的トラブル解決の専門家

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

コラム

司法の責任

2019年1月10日 公開 / 2019年3月8日更新

テーマ:古巣の裁判所

弁護士の田沢です。

被害者が嘘の証言をしたことで,懲役12年の実刑判決が確定してしまった男性が,杜撰な判断をした司法の責任を問うために国家賠償を求めた訴訟で,司法の責任を否定する判決が出たとのことです。
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190108-00010001-asahibc-l27
裁判官も全能ではありません。しかしながら,当事者の人生に重大な影響を与えてしまうのですから,杜撰な判断をしたことが判明したのであれば,国は責任を負うべきです。国家賠償請求を認めないのは,最高裁に睨まれて人事上の不利益を受けることになるからでしょうか。やはり,絶望の裁判所ということなのでしょう。

当事務所へのご相談予約,お問合せは,お気軽に下記へ


顧問契約に関しては下記をご覧ください。


弁護士 田沢 剛
〒223-0033
横浜市港北区新横浜3丁目19番11-803号
新横浜アーバン・クリエイト法律事務

この記事を書いたプロ

田沢剛

法的トラブル解決の専門家

田沢剛(新横浜アーバン・クリエイト法律事務所)

Share
関連するコラム

田沢剛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

担当田沢剛(たざわたけし)

地図・アクセス

田沢剛のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-03-08