まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
加藤俊光

遺言・相続専門の行政書士

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
0463-57-2885

加藤俊光プロのコラム一覧:時々雑感【神奈川|平塚・小田原・藤沢・茅ヶ崎 相続・遺言の法律専門職の視点】

 去る7月20日(土)、平塚市民活動センターで私自身も役員を務めさせていただいております平塚の在宅ケアを考える会(ひらざい)が主催する『在宅ケアフェスタ IN ひらつか』が開催されました。 平塚の在宅ケアを考える会は、毎年この時期に拡大例会として、広く地域の一般の方に向けて情...

 いわゆる『2030年問題』というのをご存知ですか  ある調査によれば、2030年には単身世帯が全体のおよそ4割に達すると予測されています。その時、私たちの周りではどのようなことが起こるのかについて、一緒に考えてみましょう。 ひとりで人生のエンディングを迎えることが珍しくなくな...

≪相続が発生するのはいつ?≫ 相続は、死亡によって開始します。もしも、被相続人が遺言を残していない場合には、亡くなったその瞬間から相続財産は法定相続人による共有状態となります。 とすれば、相続人となる時期は、自らが相続人となったことを知った時ではなく、被相続人が死亡した事実...

 総選挙の投票日まで残すところ3日となりました。新党が乱立した上に争点も分散して、これまでになく選びにくい選挙となることが予想されています。そんな中で、議員定数の削減や歳費の減額、さらには一票の格差の問題が置き去りにされてしまっていると考えるのは、はたして私だけでしょうか。...

 去る11月11日(日)、平成24年度行政書士試験が青山学院大学相模原キャンパスで実施され、相続まちなかステーション代表加藤俊光が2年ぶりに試験監督員を務めてまいりました。 事前の天気予報では朝から雨でしたが、幸い予報も外れて試験開始時刻の午後1時まで何とか降り出すことなく持ちこたえ...

≪相続は常に誤解や思い込みの危険がある・・・≫ どんなに仲の良い家族や兄弟でも、残念ながら誤解や思い込みが生じることがありますが、その究極の場面のひとつが『相続が発生したとき』であると断言できます。 親として細心の注意を払って公平に育てた子供たちも、人生の折り返し地点である4...

≪3年越しの想いが叶いました≫ 先日、『後悔の少ない最期のために ~知っておくべき終末期・死とそのための緩和医療~』を聴講してきました。講師は、東邦大学医療センター大森病院副緩和ケアセンター長で『死ぬときに後悔すること 25』の著者でもある大津修一先生です。 私は、ちょうど3...

 9月30日(日)、台風接近の天気予報にも負けず平塚市民活動センターまつりが無事に行われました。  私自身も会員となっている平塚の在宅ケアを考える会(ひらざい)は、今年も出展ブースを設けて、一般の市民の皆さんに対してこれまでの私たちの活動や在宅ケアを理解していただくための情報発信...

【相続相談窓口と言ってもこんなにあります!】  相続問題は人生のうちでそう何度も経験するものではないだけに、どこに相談すればよいのかわからず、いざその時になって慌ててしまうことも多いようです。  ≪行政窓口でも相談はできますが・・・・≫  ・市区町村の役所   相続手続き...

行列の先には何がある?毎朝、自宅から相続まちなかステーションのある平塚・紅谷町に向かうために、昔ながらの個人商店が立ち並ぶ『不動通り』を通ってくるのですが、7月頃からでしょうかその一角に朝の9時前から多いときには10人から15人くらいの年配の方がいつも行列を作るようになりました。...

 人生のうちでそう何度も経験するわけではありませんが、すべての方が必ず1~2度は経験するのが相続の問題です。 最近では富裕層ばかりではなく、ごく一般の庶民の間でも骨肉の争いと言われるような相続トラブルが急増しています。 氾濫する無料相談会の案内広告、違いが分かりにくい『●●...

 私は、業務で外出する際には、なるべく鉄道を使うようにしています。自分で運転しないわけですから、車窓から見える四季折々の風景を楽しむこともできますし、買ってはみたもののなかなか時間がなくてそのままになっていた本を読んだりすることもできます。そしてもう一つ、列車は老若男女を問わ...

 漫画家でタレントの江川達也さんが、1999年に死去した父親の遺産相続分を受け取っていないとして、兄を相手取って3250万円の返還を求めた訴訟において、支払いを命じた判決を不服とした兄側が控訴をしたというニュースを読みました。 父親が亡くなったのが15年前、その後数年にわたって裁判...

 私は、相続相談も立派な業務だという信念をもっています。 他の事務所や他の専門家がどのようにとらえているかは分かりませんが、業務として行っているからこそ有料対応が原則であると考えており、無料相談は毎月一回の定例日のみに事前予約制で4組限定で対応しているのが現状です。 な...

 先週末に『平塚の在宅ケアを考える会』の定例会に出席しました。通称『ひらざい』と呼ばれているこちらの会は、市内で在宅医療支援を専門にされている昭和クリニックの上野善則先生を中心に、訪問看護師や薬剤師・ケアマネージャー・介護福祉士・介護ヘルパーなど在宅医療に直接携わる専門職の方...

加藤俊光プロのその他のコンテンツ

Share