マイベストプロ神奈川
加藤俊光

おひとりさま・おふたりさまの様々な悩みに寄り添う行政書士

加藤俊光(かとうとしみつ)

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所

加藤俊光プロのご紹介

おひとりさま・おふたりさまが「自分らしく最期まで安心して暮らせる」体制をつくる行政書士(1/3)

遺言・相続専門の行政書士、加藤俊光さん

単身者・子どものいない夫婦と、人生をどう締めくくるか、寄り添いながら一緒に考えたい

 「相続まちなかステーション」代表である行政書士の加藤俊光さんは、これまで相続・遺言に特化した活動をしてきました。2010年の開業から現在まで、多くの高齢者の相談を受けてきましたが、ここ数年「相続・遺言だけでご高齢の方々の悩みや不安を解決し、サポートするには限界がある」と強く感じたそうです。

 その理由を加藤さんはこう語ります。
「現代はご高齢の方の単身世帯である”おひとりさま”と、子どものいないご夫婦世帯の”おふたりさま”が増えています。最期をどう迎えるか、自分が受ける医療はどうするのか、死後の事務処理をどうするのか、など様々な不安を抱えていらっしゃいます。また、75歳の4人に1人は認知症にかかると言われている昨今、存命中に日常生活や財産管理ができなくなる可能性が高くなっています。『頼る人がいないが、どうして良いか分からない』というお声を多くいただいたのです」

 こうした「切実な不安を解消したい」「住み慣れた地域で、最期まで安心して自分らしく暮らせる環境と体制をつくりたい」という強い想いのもと、加藤さんは業務を拡大し、「任意後見契約」「死後事務委任契約」「墓じまい代行」も行なっています。加藤さんのモットーは、相手の心に寄り添うこと。遺言・相続はもちろんのこと、相手の意思を最大限尊重し、すべての業務に取り組んでいます。

 「遺言、契約と聞くと機械的で冷たい印象を持たれますが、実はそんなことはありません。遺言には”付言”といって、『なぜその内容にしたのか?』というその方の想いを綴る箇所があります。また、任意後見契約にしても、ご希望が万全に行われるための法的効力のある書類です。それがあることで、ご高齢の方の暮らしを守ることができますし、必要な時に必要なことが実行できる管理体制が整います」

Share