マイベストプロ神奈川
篠田啓彦

国語力と誉め育てで中学、高校受験合格に導く学習塾

篠田啓彦(しのだひろひこ) / 塾講師

国語専門オンライン学習塾 啓理学舎

コラム

お子さんの褒め育ての前に自己肯定感を高めよう!

2024年5月16日

テーマ:ちょっとした誉め育てのコツ

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

皆さん、こんにちは。

国語専門オンライン学習塾 啓理学舎の篠田です。


さて、今回のテーマは

「お子さんの誉め育ての前に自己肯定感を高めよう!」

です。


塾生の保護者の方から面談のときに、次のような相談をよく受けます。

保護者面談

「子どもを誉めているのだけれども、あまり変化が見られない。」

「長所ノートを書いているのだけれど、子どもはピンときていないようだ。」


当塾では、「誉め育て」を推奨していますが、「誉め育て」の効果はあまりないのでしょうか。

私は、保護者の方といろいろお話をさせていただく過程で、別のところに原因があると考えています。


それは、保護者の方の自己肯定感があまり高くないため、「誉め育て」の効果が薄れているのではないかということです。


下の図を見てください。

コップの水

6個のコップそれぞれに水が入っています。


左上のコップには、水がまったく入っていません。

右下のコップには、水がいっぱい入っており、また入りきらなかった水があふれています。

コップを「自分の心の器」、水の量を「自分の幸福度」と考えてください。

つまり、水の量が多いほど幸福度が高いということです。


他の人に、本当の幸せを与えるためには、あふれた水の分しか与えることができません。

コップの水が少ないと、限られた水を与えることになるため、自ら喜んで水を与えることができません。

たとえ、与えたとしても、自分自身の幸福度が下がってしまいます。



つまり、お子さんの自己肯定感(幸福度)を上げるためには、「誉め育て」をすることが重要ですが、

その前に、親御さんの自己肯定感(幸福度)がないと、いくら「誉め育て」を実施しても、お子さんは良くならないのです。


ですから、「長所ノート」を使用し、まずは自己肯定感を上げてください。

※「長所ノート」の書き方は、こちらを参照ください。↓
https://mbp-japan.com/kanagawa/pega-yk6/column/5110711/


参考にしてください。

この記事を書いたプロ

篠田啓彦

国語力と誉め育てで中学、高校受験合格に導く学習塾

篠田啓彦(国語専門オンライン学習塾 啓理学舎)

Share

関連するコラム

篠田啓彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-402-5446

 

※面談中・授業中・開校時間帯以外は留守番電話になっております。メッセージを入れていただければ、こちらからご連絡させていただきます。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

篠田啓彦

国語専門オンライン学習塾 啓理学舎

担当篠田啓彦(しのだひろひこ)

地図・アクセス

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ神奈川
  3. 神奈川のスクール・習い事
  4. 神奈川の学習塾・進学塾
  5. 篠田啓彦
  6. コラム一覧
  7. お子さんの褒め育ての前に自己肯定感を高めよう!

© My Best Pro