まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
田之上晃

独自漢方を使った子宝漢方相談のプロ

田之上晃(たのうえあきら)

さつま薬局

お電話での
お問い合わせ
099-800-4339

コラム

妊娠するための食事で大切なこと

鹿児島不妊・子宝漢方の成功の秘訣

2014年11月20日 / 2016年5月18日更新

食事のときに毎回何を食べればいいか考えている方は少ないと思います。
食欲が満たされれば問題ないと考えているかもしれません。
または痩せなければ体に必要な栄養は十分摂れているはずと思い込んでいるのではないでしょうか。
カラダが痩せないだけの必要なカロリーと
カラダの機能を保つために必要な炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素は別のものと考えた方が良いと思います。

子宝漢方相談を受けてから食事の大切さに気付く方が多いです。

スナック菓子、甘い飲食、精製された白米や小麦を使ったパンや麺類、
トランス脂肪酸・動物性脂肪のような悪い脂質のとり過ぎなど・・・
妊娠しにくい体質になる食事をしていたことに気づかれるようです。

毎日の食事の積み重ねで妊娠しにくいカラダになっています。
しかし、今までの自分を責める必要はありません。
必要なことは、妊娠体質になるために食事を変えることです。
そこで大切なことは、何を食べるかということよりも、
今までとは違う生活習慣を実践していくという決意だと思います。

「自分の生活は変えたくない。けど何とかしてほしい。」という考えでは、
自分に都合のよいアドバイスだけ聞き面倒なことは自然と聞こえなくなってしまいます。
そして体質改善に最も大切な漢方薬でさえも飲み忘れがちになります。
そんな状態では、期待する効果も得られずに、その結果焦ってしまうという悪循環になります。

病院の不妊治療を続けて妊娠できなかったのであれば、
今までの考えを180度変えて行動しなければ何も変わらないのではないでしょうか。
今までとは違う選択をしようと決意をするだけで、
アドバイスされた自分の苦手な食べ物や運動を素直に取り入れていけるのだと思います。


もちろん体に良いと思っても生活習慣を変えることは辛いですよね。
しかし、妊娠することが自分ではどうしようもない出来事ではなく、
自分次第で可能にすることができると思うとワクワクしてきませんか。

ワクワクすることを続けていくと体質が変わってきます。
1か月、3か月と変化していく体質に最適な漢方薬と必要な量を確認するため子宝漢方相談を受けていきます。
その積み重ねによって、妊娠という目標を達成できるのです。

結局、妊娠するための食事で大切なことは、
何を食べるかというよりも自分の行動を変えるという強い決意です。
決意があれば、体質改善の食事が楽しんで取り入れていけるんだと思います。

●当薬局で不妊漢方療法をされた方の成績について詳しくはコチラをご覧ください⇒さつま薬局妊娠達成率

「独自漢方理論で妊娠しやすい体づくりを目指します!」
漢方相談・子宝相談のさつま薬局 
鹿児島店(漢方相談専門)
鹿児島市和田1丁目8-1
川内店(調剤・漢方相談)
薩摩川内市御陵下町2650-3
薬剤師・国際中医師 田之上晃
子宝相談・漢方を詳しく紹介したホームページ:http://satumayakkyoku.com/

この記事を書いたプロ

田之上晃

田之上晃(たのうえあきら)

田之上晃プロのその他のコンテンツ

Share