まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
グレン・ブラウン

ビジネス英語研修のプロ

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

お電話での
お問い合わせ
078-570-5647

コラム

「どちらにお勤めですか?」~ビジネス英語スキル

ビジネス英語スキル

2014年8月10日 / 2017年11月14日更新

先日、ある業界の協会でのビジネス英会話研修全5回を終えました。初回に「初対面のあいさつ」をレッスンに組み入れました。その際に受講生の皆さんから出た質問について、今日は考えてみたいと思います。
展示会や国際会議、交流会などのビジネスシーンで初めて会った社外の人とのあいさつの流れです。

A : Hello. Nice to meet you. I'm Bill Smith. 
「こんにちわ、初めまして。ビル・スミスと申します」(ここで握手をする)

B: Nice to meet you too. I'm Taro Kimura. 「初めまして。木村タロウです」

A: What do you do, Taro? 「お仕事は何をされていますか」

B: I'm in marketing. How about you?  「営業です。あなたは?」

A: I'm an engineer. 「私はエンジニアです」

この What do you do? と聞かれたときの対応については、以前のコラムで注意が必要とお伝えしました。http://mbp-kobe.com/kobebs/column/42218/ これは、社交の場を想定しての場合です。ビジネスシーンでは、ごく普通の流れとして職業を聞きあうと思います。 通常は、上の例のように業種で答えます。問題はこの次です。日本では「お勤め先は?」と続く事が多いですよね。海外では転職が多いですし、自分のキャリアが最優先で、会社のために働いているのではないという認識があります。したがって、どこで(どの会社で)エンジニアをしているのかは聞かないことも多いようです。 

とは言ってもやはり気になるので、今回は、相手の勤務先の聞き方を考えてみましょう。 次の中で正しいものはどれでしょうか。
1 What is your company?
2 What company are you working at?
3 What company are you working for?

1は間違いとすぐおわかりですよね。一見すると「会社はどちらですか」という日本語の直訳のように見えますが、その意味では使いません。 次の2と3は前置詞が違いますが、この文例としては3が正しくなります。しかし、実はこの表現はほとんど使われません。これは推察ですが、海外では「会社」というモノ(場所)のために働くのではなく、その組織のために働くという認識だからでしょう。

「どちらにお勤めですか」という意味で一番よく使われるのは "Who are you with?" です。直訳すると「あなたは誰と一緒にいますか」ですから、「え~!なんで?」となるのも無理はありません。それについて、受講生の方たちからも質問がたくさん出ました。会社を聞くのに who 「誰」と人を使うのは納得しにくいですし、文法に詳しい方なら正解は "Whom are you with?"やもっと言えば"With whom are you?" なのではないか、という疑問も出るでしょう。 現実には、この表現をとても良く使いますので、ここは文例と割り切って覚えるしかなさそうですね。

A: Who are you with? 「どちらにお勤めですか」
B: I'm with XYZ Corp. 「XYZ商事です」

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
https://www.kobebs.com/contact/

『経営者のためのビジネス英語レッスン』実施中!

春のキャンペーンも同時開催!
詳しくはこちらからどうぞ

この記事を書いたプロ

グレン・ブラウン

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

グレン・ブラウンプロのその他のコンテンツ

Share

グレン・ブラウンのソーシャルメディア

rss
神戸ビジネススクールブログ
2013-01-01
facebook
Facebook