まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
佐々木茂樹

身近なお金の問題から人生設計までサポートするプロ

佐々木茂樹(ささきしげき)

ファイナンシャルサービス株式会社

コラム

エンディングノートの話~遺された人へのメッセージ~

エンディングノート ライフプラン

2013年2月20日 / 2018年8月10日更新

前回、「亡くなった時の保障」についてお伝えしたのですが、保障以外にも、遺された人のためにメッセージを残していいただきたく、今回は「エンディングノート」についてお伝えしたいと思います。

エンディングノートってご存知ですか?




「自分のこと」「思い出」「もしもの時に知らせてほしい方の住所録」「家族、友人等へのメッセージ」などから、「病気になった時どうするか」「葬儀・お墓について」「財産」等など・・
多岐にわたって、「もしもの時」のために残しておけるノートです。
(小さくてわかりにくいかもしれないのですが、下の画像はノートの内容です)






遺言書のような法的な強制力はないのですが、自由に書くことができるので、取り組みやすいと思いますよ。

新聞にも「エンディングノート」の記事が掲載されていて、関心が高まっていると書かれていました。

私自身も、エンディングノートはお客様や結婚する友人にプレゼントしたりしているのですが、実は昨年末から私の同級生が一人、妻の同級生が二人亡くなった、という話を聞き、あらためて最期の準備の重要性を感じました。

私事ではありますが・・
私の母が亡くなった時のこと。
葬儀やお墓などさまざまのことで非常に困りました。

母自身はどうしてほしかったんだろうなんてことを、兄弟や妻などと話合ったが、なかなか簡単には決まらない。

事前に聞いておくべきだったとは思ったりもしたけど、いざ病気になった時に死後の話などを聞くことなど出来ず、やはり元気なうちに聞いておくべきだった、と後悔をしても、先に立たず。

そんなときに、テレビにで取り上げられていた「エンディングノート」
なんだか重い感じのする名前だけど、このノートを手にして中を見てみると自分の生い立ちから始まって、今までのことを振り返る部分や死後のこと。
大病をしたり、介護状態になったりしたときにどうしてほしいか、などなど。
自分史を書く部分や、メッセージまで書ける部分があって自分が万が一あったときのために、元気なうちに書くべきだと思いました。

実際書き始めると、なかなか全てを埋めることができないんですよ。これがなかなか難しい。
今までの人生を振り返り、これからの自分を考えていると筆が進まないんですよね。

でも普段あまり考えないこととじっくり向き合えて、良い時間だと思います。
時間がある時に、自分のため、遺される人たちのために考えてみてはいかがでしょうか?


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
保険・ローン等、お金に関することでわからないことや不安があるときには
専門家へご相談してみてはいかがでしょうか。

まずは、弊社ファイナンシャルサービス(株)の「初回無料相談」をご利用ください。
初回無料相談のページはこちらをクリック「FPシゲに無料相談!!」
お問い合わせ電話番号:011-596-9817 ※「マイベストプロを見ました」とお伝えください。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

この記事を書いたプロ

佐々木茂樹

佐々木茂樹(ささきしげき)

佐々木茂樹プロのその他のコンテンツ

Share