マイベストプロ岐阜

コラム

出来事に「負」はない?

2023年3月3日

テーマ:メンタルヘルス

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

 今年度初めて参加した会議のあり方に疑問を持っていたので、今年度最後の会議に一言言おうと思って、事前に話す内容をまとめて、準備をして会議に臨みました。
 機会を伺っていましたが、夜にはこの会の懇親会が控えているため、会議で発言する時間がありませんでした。
 残念な気持ちで一杯でした。

 気になりながら、懇親会に参加しました。
 懇親会に参加された方々に意見を求めたところ、私と同じように疑問を持っている方がいる事がわかりました。

 その後、司会をされた方とも話をする事ができ、自分の考えをお伝えしたところ、
 「あなたの言う事は、その通りだと思います。努力します。」
との意見をいただきました。

 「機が熟す」という言葉がフッと浮かびました。

 以前の私ならば、自分が正しいと思った事は、感情に任せて、強引に会議の中で、発言していたように思いました。

 もし、会議の中で話していたとすると、
「これから、懇親会というのにどういうつもりだ。」
「それはそうかもしれないが、話し合う時間がないので、次回に。」
などとなり、聞き流されて、軽く扱われてしまう事になったと思います。

今回は、場の空気を読み、発言を控えました。

 この事が幸いして、懇親会の中で会員の方の本音を聞き出し、同じ思いを持っている方を発見する事ができました。
 また、直接司会の方と会議とは違う懇親会の場で話をすることができ、率直な意見を伺う事ができました。

 一人の力で変えられないことは、多くの人を巻き込んで大きな力にして立ち向かう事が大事だと、神様(見えない力)が、私に告げてくれたのではないかと思いました。

 機を伺い、熟した頃に発言すれば、個人的な意見ではなく、多くの意見となり、会議のあり方を変えることになると思いました。

 この事を考えると、じっと発言を聞きながら過ごしてきた中で掴んだ事は、1年の経験を積んだ者として、次年度発言する方が、効果的になると思いました。
 また、それまでに、同じ考えを持つ仲間を増やす努力ができます。
 そして、発言する内容ももっと練り、共感を得るための準備ができます。

 「自らを磨き続ける努力をしていると、今の自分の状態に合った課題が現れる。」

 正にこれです。

 ・仲間を増やすこと
 ・共感できる内容に考えをまとめること

 ようやくこの2つの課題が、私の目の前に現れてくれました。


「負」と感じる出来事にしたのは、上っ面の「感情」でした。
(「残念だ」=「負」)

「負」と感じた感情の深いところを探っていくと、「正義」が現れました。
 この「正義」を貫くためにこの2つの課題が生まれてきたと考えると、決して「負」ではありません。

 「残念だ。」という感情を持ち続けていたからこそ、会員や司会者との会話に結びついたのだと思います。

 私たちの周りに起きる出来事には、「負」と感じる出来事が一杯あります。
 しかし、それは、自分の課題を発見し、課題解決に向けての学びの機会と考えれば、決して出来事は、「負」にはなりません。

 自分の見方一つでどのようにでもなるのが、「出来事」のようです。

 現れた感情を深く見つめていくと決して「負」ではありません。上っ面の感情を受け取った思考が、「負」にしているだけでした。

 この出来事から生まれた課題を解決できるよう努力し、機が熟した頃に発言したいと思います。

 「感情」、そして、その感情に意味つけをした「思考」、進むべき方向に導いてくれた「意思」に、感謝!感謝!

この記事を書いたプロ

須田敏男

長年にわたる小学校の教頭の経験を活かした家庭支援のプロ

須田敏男(あすなろ教室)

Share

関連するコラム

須田敏男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-337-0453

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田敏男

あすなろ教室

担当須田敏男(すだとしお)

地図・アクセス

須田敏男プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ岐阜
  3. 岐阜のメンタル・カウンセリング
  4. 岐阜の家族カウンセリング
  5. 須田敏男
  6. コラム一覧
  7. 出来事に「負」はない?

© My Best Pro