まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
naomi

オーダーメイドで家をつくる住空間デザインのプロ

naomi(なおみ)

建築プランナー株式会社 一級建築士事務所

コラム

住空間デザイナーnaomi ~わたしのいえ ~ 『 O 』 outlet(コンセント・スイッチ)

家づくり A TO Z

2016年9月23日

『O』




~outlet (コンセント・スイッチ)の 巻き ~





今回、コンセントって

ソケットの S じゃないのー!?

やら、

コンセントの C やろー

やら、

ギャラリーがウルサイのですが、

めったに使わんらしいけど、

古い英語表現らしーので、

気にせず つっ進みマス!









よく耳にする。


新築マイホームで

コンセント計画って

とっても大事!!





そのとーりです。




せっかくの新しいオウチで、

「 しまった~ ここにつけとけばよかった~゜Д゜!!」

ってなったら ショック やもんね。

新居では延長コードと

無縁の生活でありたい。




延長コードは見栄えも×。

掃除しやすさも×。

いいことないさぁ~





ワタクシ自身、

ご家族の毎日を思い浮かべながら、

勝手にシュミレーションしつつ

コンセントの位置を ご提案しておりますが、




日ごろから、

「こういうトコロにあったら便利だな♪」

とか。

「この部分は不足シテマスー」

とか。




今の生活の中でチェックしてもらっていたら

いざ、お打合せメモの時に

慌てんくて良いかと思いマス。




時折、ご家族によっては、

ワタシの想定外な使い方もあったりするけんねー








そしてー

位置や数もなんやけどね、

高さ も重要。




↓ (パナソニックさんのデータ)








今回、マイホームでは、掃除機用に

90cm の高さでの設定してみたと。


これがくさ、噂では聞いとったっちゃけどね

想像以上の便利さ


コードレスやお掃除ロボット掃除機

のご愛用ファミリーは、

この感動を感じてもらえんね・・・








でもね、90cmのところに

コンセント って、

なんか目立つし、ブチャイクやし、

自分のマイホームには

つけたくなかったと。







そこで コレ。





その名も

「 あけたらコンセント 」。




照明のスイッチスのフタが

カパッっ て開いて、

コンセントが出てくると。






照明のスイッチって、

ほぼ、各部屋の入口ドア付近にあるやん?

やけん、

お掃除掃除の時もちょーど良い位置になる。



このスイッチ考えたヒト、

エライよね。








その他にも

我が家で大活躍中のアイテムを ご紹介



このコは 「 とったらリモコン 」。





スイッチのフタがとれて、

照明のリモコンになる照明のスイッチ。


照明つけたままベッドの中で眠くなっちゃって、

消すのメンドクサ~な時に大助かり。





どんな照明にも使えるけん、

自分の好きな照明で大丈夫っていうのも

うれしいところ。



このコは 「 かってにスイッチ 」。





人感センサーで、ヒトを感知して

勝手について、勝手に消えると。


廊下とか、消し忘れの多いトコロや、

玄関ドアや お手洗トイレやら、

そんなところに ご提案してマス。


うちでは、脱衣スペースや洗濯室も

人感にしちゃった~




「つける」「消す」くらいのワンプッシュの動作さえ

めんどくさがってたら、

ヒトとして終わりやなぁ

と思いつつも、やっぱり生活しながら、

これにしといてよかったー

って常日頃思ってるアイテム。


文明の進化バンザイバンザイ




そしてこのコは「 あけたらタイマ 」。





お留守番タイマをセットしたら、

照明が自動でON-OFF。


オウチにおるよう装うスイッチ。






ドロボーさんねずみ小僧目線で考えてみると

夜に1けんだけ照明が全くついてない

真っ暗な家を見つけちゃうとね。

・・・。


やけん、

夜の留守中の防犯対策に








これはうちには付けてないんやけど、

アップコンって言って、

床につけれるコンセント。





お食事のテーブルにて、

電気コードコンセントつきの お鍋で

お鍋するときとか、

コードが ダラ~ン ってなって、

ひっかかって転倒!!転ぶ

そして、お鍋も転倒!! !!

あんれぇぇ~

ってならんごと、

テーブルの下につけたりね。









コンセント・スイッチって、

奥深いよね~

面白い。









あとね、

マイホームでこだわった点がある。




それはー

コンセントやスイッチが目についたら、


異空間へワープ 




っていうコンセプトに そぐわんと思って、

特に エントランス から リビング にかけては

目立たぬよう、

しかも!

不便ではないよう 計画。




きっと うち にきて、

すぐには気付かんはず(!??)




でも、全く不便を感じたことはないです。

てなわけで、成功ってことで。





たかが コンセント。

されど コンセント。




警戒しつつ のぞむものの、

後悔率が1番高いと言われている

マイホーム計画のコンセント。




と~っても重要ポイントで

ございますー

建築プランナーの最新情報はブログで日々更新しています!
こちらからご覧ください。
『けぴろぐ』

この記事を書いたプロ

naomiプロのその他のコンテンツ

Share

naomiプロのその他のコンテンツ