まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ愛媛
川口誠

時計修理のプロ

川口誠(かわぐちまこと)

時計工房 勇進堂

コラム

オメガ[スピードマスタープロフェッショナル] 中留のばね修理・プッシュボタン不良

オメガ シーマスター プロフェッショナル

2018年1月15日 / 2018年2月8日更新

おはようございます。
本日はオメガの記事を書かせていただきます。

オメガの時計のベルトの修理で多いのが
・中留のプッシュボタンが戻ってこなくなった
・ベルトが止まらなくなった

等があります。
そういった場合に多いのが中留の中にあるばねが折れていたり、劣化したことによってばべが曲がってしまっている
のが原因かもしれません。

時計を付けはずしする際に毎回使用する部分ですのでどうしても使用していくと劣化していきます。
また、摩耗する事によって部品も細くなっていきもろくなってしまいます。

今回は劣化による中留の曲がりが原因の中留不良についての記事を書かせて頂きたいと思います。

今回お預かりした時計はこちらになります。




ベルトが止まらなくなってしまったとの事でした。
時計を確認して、とまらなくなった原因がばねの曲がりであるのがわかりましたので、交換修理で対応させていただきます。

オメガのベルト中留修理

まず、中留の部分を分解していきます。
ピンとパイプで止まっているタイプのベルトですので1つずつ外していきます。



全て分解する事ができたら、中のばねを取り出します。
下の画像を見てください。
上が新しい新品のバネ、下が今回ベルトから取り出したバネです。
並べてみると違いがよくわかるかと思います。
下のバネは円を描いている部分に曲がりが生じでおり、それによって元の状態に戻らないように
なってしまっています。



今回はこのバネを上の新しいバネに交換して組直します。

新しいバネに交換する事によってしっかりとプッシュボタンがもどってくるようになりました。



作業料金と預かり期間

今回お預かりした時計の修理代金は

作業料金   5000円~6000円(部品の入荷状況等によって変わります)

預かり期間  1週間前後

となります。
使用していくとどうしても劣化は起こります。
もし、ベルトでお困りの際は一度ご相談ください。


関連記事
時計の修理
ベルトは消耗品です。いつかは壊れます。







定休日:営業時間
毎週火曜日/日曜日は昼から営業
(AM10:00~PM7:00)

※現在、勇進堂では四国内以外の郵送で送られてくる修理の対応を控えさせていただいております。ご来店後、修理をお預かりし、修理後に県外への発送はご都合により受けさせて頂いております。県外からのお問合せをいただくお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
また、各都道府県にて修理の技術者がいる時計店を紹介しているサイトがございます。もし、修理でお困りの際はご活用して頂けると幸いです。

検索サイトです。
JOWジャパン(全日本時計宝飾眼鏡小売協同組合)


検索の仕方が書かれています。
マイベストプロ愛媛

時計修理のお直し専門店 時計工房 勇進堂
サイト http://www.tokeikoubou.net
E-mail:info@tokeikoubou.net
大切にしている仕事は電池交換です。電池交換ぐらいどこで交換してもいいやって思うのは危険です!電池交換という作業は色々な経験をしてきた僕でも今でも緊張をもって交換しています。電池交換には勇進堂は命かけています。電池交換にはぜひご相談ください

この記事を書いたプロ

川口誠

川口誠(かわぐちまこと)

川口誠プロのその他のコンテンツ

Share