マイベストプロ千葉

コラム

家族のうつが再発した→どうする?

2023年4月3日

テーマ:ケアラー支援

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

家族のうつが再発した→どうする?
一旦落ち着いたかに見えたうつ病の症状が再発することは、珍しくありません。
もしかして再発?!となった時、家族はどのように対処すればいいでしょうか。

1.春先からゴールデンウィーク明けまでは要注意

春先から大型連休明けくらいまでは、天気や気温の変動が大きいのと併せてメンタルヘルスも上下しやすい期間です。
うつ病の経験がある人はなおさら、再発のリスクが高まります。
季節だけでなく社会環境の変化の影響もあるでしょう。

気候が安定しないと、自律神経のバランスが崩れます。そのせいで睡眠の質が落ちて疲労が回復されないまま翌日を迎えます。前日の疲れを背負ったまま活動するのですから、普段よりやる気も出ないしパフォーマンスも下がります。

特にうつ病になるような人は、仕事や自分の役割に対して常に強い責任感を持っています。
調子が悪かったことで仕事のペースや質が落ちたことに二重に落ち込んでしまう傾向があります。
頑張れ、と言われるのも辛い。でも「頑張るな」と言われても、どうすれば頑張らなくていいのかが分からない、不器用な優等生タイプとでも言いましょうか。

2.再発したら、初回を思い出そう

うつ病は一度で完全回復するケースのほうがまれだと思います。
症状の重さは人それぞれですが、少なからず再発の波を繰り返します。
だから「一度はよくなったのに、また繰り返すなんて…」と、落ち込んだり驚いたりする必要はありません。そういう病気なのです。

「また来たな」
と感じたら、初回の発症時を思い出しましょう。
生活や体調のどの部分に一番大きく現れるか、の特徴があったはずです。

  • お腹を下しやすくなる
  • 朝起きれなくなる
  • たばこの本数が増える
  • 頭痛を訴えることが増えた


など。
そしてその症状を緩和するために行った対策があったはずです。それも思い出しましょう。

  • 不要な外出予定はキャンセルしたりして、疲れすぎないようにする
  • うつ本人が話し始めたら最後まで聞く
  • 「死にたい」などの言葉をスルーしない→主治医と連携する
  • 生活に必要なこと以外を無理強いしない


一度回復したことで、気が付いたらやっていなかったことがあるかもしれません。
それを思い出して、もう一度取り組んでみましょう。

3.「再発」には強みもある

「再」とつくのですから、初めてではありません。
すでに一度経験済みのものが、再びやってきたのが「再発」です。
一度経験しているのですから、

  • 何が必要か、何がNGか
  • 〇日後、〇週間後、〇カ月後にどうなっていくか
  • 主治医に相談するとどんな対応をしてくれるか


などは一通り理解しています。
最初の時のように慌てたりパニックになったり必要以上に不安になることもありません。

前回より落ち着いて迅速に対応できるのが、再発の強みです。

4.春先は家族もメンタル不調になる

春先~ゴールデンウィーク明けくらいまでが要注意なのは、うつ病の人に限ったことではありません。
健康な人でも当然要注意期間です。
そして家族のうつ病が再発すれば、二度目三度目と言っても大きなストレスや不安がのしかかるのも当然です。

再発したうつ病へのケア同様、自分自身の心と体へのケアも忘れないでください。

特別に何かをしなきゃいけない、ということではありません。

普段より多めに自分を甘やかしましょう。休ませましょう。褒めましょう。

うつ病になる人のパートナーもまた、うつ病になりやすい性格の持ち主であることが多いです。
不器用でまじめで繊細な特徴の持ち主同士だからこそ、夫婦になったのかもしれません。

だから、自分は大丈夫、と過信せず、二人で一緒にゆっくり過ごすようにしてみてください。
うつ病は風邪とは違います。一緒にいるからうつる、というものではありません。
むしろ一緒にいてくれる人がいる、と安心できることで緩和していきます。

5.我が家の場合(経験談)

我が家でうつが再訪(「また来た」という言い方をしているので)したときは、無理に追い返さないようにしています。
もちろん本人(夫)は大分しんどそうです。食欲落ちるし、頭痛が続いたり、夜眠りづらくなるし。
かといって、今更抗うつ薬や入眠剤に頼るつもりはないようです。色んな薬を試してきましたが「これだ」というものは見つかっていないし、本人はうつ病の症状より発達障害の症状が抑えられているほうを優先したようようなので。

食欲が落ちるので、ビタミン・ミネラル・タンパク質が効率よく取れる食事を心がけます。
眠れないなら寝なくていい、夜目が覚めたら好きなことしてれば、と言っています。

一番気を付けているのは「死にたい」願望です。毎回出てくるわけではありませんが、これを口にするレベルになると要注意だと思って、しんどいけど話を聞きます。

そうこうしているうちに、気が付けば少しずつ、それこそ雪が解けて川になるように回復していきます。
家族に出来ることは、本人の中に回復へ向かうための力があることを信じることかもしれません。

6.まとめ

うつ病の再発について、

  • 春~ゴールデンウィーク明けまでは要注意
  • 初回時の対応を思い出して再試行しよう
  • 家族自身も体調崩しやすいから自己ケアを忘れない
  • 一度経験したうえでの「再発」だから、慌てなくていい


のポイントでお話ししました。
うつ病は繰り返しやすい病気です。「また来たな」くらいの腹積もりで、深刻になり過ぎないようにしましょう。
もちろん主治医には相談しましょう。前回の対処(服薬など)の結果を踏まえて相談できるとベストですね。

≪オンラインカウンセリング 惠然庵≫
●無料お問い合わせ
keizenan.net/otoiawase
●カウンセリング予約申込
keizenan.net/yoyaku_moshikomi/

この記事を書いたプロ

西岡惠美子

精神障害者とケアする人を支えるライフカウンセラー

西岡惠美子(惠然庵(けいぜんあん))

Share

関連するコラム

西岡惠美子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-8881-3724

 

※不在の場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください
※広告掲載等の営業はお断りしております

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西岡惠美子

惠然庵(けいぜんあん)

担当西岡惠美子(にしおかえみこ)

地図・アクセス

西岡惠美子プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ千葉
  3. 千葉のメンタル・カウンセリング
  4. 千葉の発達障害
  5. 西岡惠美子
  6. コラム一覧
  7. 家族のうつが再発した→どうする?

© My Best Pro