まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-頭が下がります 熱心に受講中の高校の英語の先生あり

受講生の奮闘と悩み

2015年12月7日 / 2018年8月11日更新

10月に、高校の英語教師からコンタクトがあり、真剣勝負のレッスンが始まっている

公平に見て、英検準1級レベルだが、学校の授業で忙しい中、宿題を欠かさずやり、腰が低く、ひたむきで、すばらしい人柄の先生だ
教壇には、20数年たっておられるようだ

1月に準1級、6月に1級受験を目標にしているが、必ず突破できると期待している

文部科学省の発表では、準1級以上のレベルであることを証明できる学校の英語教師は、中学では四人に一人、高校でも二人に一人だそうだ

未確認情報だが、英語教員採用の基準がTOEICで650らしい
本当なら、驚くべき話だ
TOEIC650は教えるレベルではなく、習うレベルだ
こんなレベルの先生に習う生徒が気の毒だ

半数以上の中学、高校の英語教師が、英検2級やTOEIC600-700点台レベルにありながら、それに安住している中、この熱心な先生には脱帽だ
こういう先生とレッスンできることは幸せであり、とことんサポートしていくつもりだ

中学、高校の英語の先生、塾や予備校の教師で、大手を振って英語学校に行けない人は英検1級道場を訪ねてください
生意気言うようですが、マンツーマンで基礎からサポートします

英検1級道場には、小学5年生から高校生まで、1級レベルの子たちがたくさん来ています
先生たちが変わらなければ、この子たちに置いてけぼりをくうことは必定です

hf9n-ymnk@asahi-net.or.jp

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share