まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-悲喜こもごも-2014-3速報結果集まる

受講生の奮闘と悩み

2015年1月28日 / 2018年8月11日更新





2014-3英検1級、準1級の試験結果レポートが受講生から集まってきている
1次試験突破確実とみられる朗報もあれば、1歩及ばなかった悔しい思いのメールもあれば、みじめに壊滅状態になったことを伝える悲惨なニュースもある

全般に言えることは、レッスン中に、この人は大丈夫だと判定した人は1次突破したか、ポカミスであと1歩というところで終わったかのどちらかだ
日頃のレッスンで、これは無理だなと判定した人は、やはりみじめな成績だ

ここにあるのは、単純な真理だ
本番では、練習の時以上にはプレーできないのだ
つまり、練習の時に、圧倒的に強くなければ、本番でいい成績は残せない
練習の時にぎりぎりの人は、本番ではあと一歩という結果に終わるということだ

朗報を伝えてきた受講者とは、早速、2次試験対策を始めた

この10日間で、5人から問い合わせがあり、3人が受講スタートした
今回、手が届かなかった受講生には、一人一人に処方箋を出し、6月での雪辱を要請した

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share