まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-戦い済んで、英検1級2014-2の問題で、大きな発見が二つありました

受講生の奮闘と悩み

2014年10月13日 / 2018年8月11日更新


2014-2の英検1級・準1級1次試験が終わり、受講生(現役、元)から多数の連絡が届いている
いつもと同じように、悲喜こもごもだ

今回の試験で、特徴的なことがあった

1.リスニングパート①10問の大半が過去問と同じだった(一部はアナウンサーが異なるが、わかっただけでも7問は同一)
 どの年度の何番であるかも調べて判明している
 受講者にはこのことを伝え、対策に役立てるようにした

2.単語問題に関して、受講者が調べてくれたデータがあるので紹介する
2014-2 単語問題をpass単熟語1級との関係を分析しました。
正解の25単熟語 不正解単熟語75 全部で100単熟語 
正解単熟語25個中 名詞形、過去形、形容詞形も含めると、pass単熟語1級にあるものは19個 19/25=76%
同様に、不正解単熟語75個中では、pass単熟語1級にあるものは33個 33/75=44%
正解不正解単熟語を合わせると52個 52%

つまり半分以上の単熟語がpass単熟語1級にある。
これ以外の48個の単熟語は、pass単熟語準1級や2級などにあるか、どのpass単熟語にもないと思われますが、
1級の単熟語問題に関しては、pass単熟語1級を勉強すれば、かなり高い正答率を得られるものと思います

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share