まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
菅野昭子

アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

菅野昭子(かんのしょうこ)

Ange Gardien

お電話での
お問い合わせ
090-8115-8465

コラム

そこで怒ることができますか?

先日放送されたアニメ「サザエさん」の内容が話題になっています。
脇を固めるノリスケさんが、タラちゃんやワカメちゃんが楽しみにしていたジェラートを磯野家の冷蔵庫を勝手に物色し、食べてしまったんだそうです。
そのノリスケさんの行動の是非について多くの人がつぶやき、ネットをにぎわせました。

ノリスケさんへの人格否定的な発言に対し「サザエさん」放送当初からの脚本家・雪室俊一氏が「ノリスケはクズではない!」と怒りをあらわにされたそうです。
ノリスケさんの性格を知っていればあの行動は自然と、騒動に対し真っ向から立ち向かったとのこと。

雪室氏がそこで怒ることができるというのは、やはり「仕事への誇り」だと思います。
周りからいろいろと言われると揺れますよね。でもその「ぶれ」がない。
それは放送当初から脚本に携わっているからかもしれないし
サザエさんのキャラクターを心から愛しているのかもしれないし

もちろん人の意見を聞き入れないのは良くないかもしれませんが
誇りは大事ですね。そしてしかるべき時には怒っていい。

皆さんがもし、この雪室さんのような立場にご自身の仕事の場でおかれたとしたら怒ることができますか?

この記事を書いたプロ

菅野昭子

菅野昭子(かんのしょうこ)

菅野昭子プロのその他のコンテンツ

Share

菅野昭子プロのその他のコンテンツ