まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
菅野昭子

アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

菅野昭子(かんのしょうこ)

Ange Gardien

お電話での
お問い合わせ
090-8115-8465

コラム

たまにはこんなネタ アンガーマネジメント

みなさまこんばんは。
これからは泊りの出張がふえそうなので、それに耐えられるバックを買うことにしました。
できるだけ、機能的にもデザイン的にも自分を盛り上げてくれるものがいいな。と思いつつ。

といってもどのようなバックを買えばいいか、さっぱりわかりません。
2件目に入ったお店。私より人生経験の長く、落ち着いた感じの店員さんが接客してくれました。
お店の雰囲気に合った上品な印象です。
2つ目に見せてくれたのが、とても素敵。
キャスターもとても軽やか。デザインも好き。店員さんが
「こちらの方がお似合いですね。」と言ってくれました。そして「掘り出し物です。」と
確かに掘り出し物でとても素敵なのですが、私にとっては勇気のいるお値段でした。
でも・・・普段は即決できない私がめずらしく
「これ頂きます。」と口から言葉が飛び出ていました。







このバックをお供にいろいろなところに出向き、生き生きと伝える私のイメージが浮かんだからです。

レジに向かうと先客がいました。なんだかもめているようです。
ダンディな店員さんはカード決済が苦手なようで
「あれ、あれ?」と言いながらてんぱっています。
そのお客さんの背中を見ながら
アンガーマネジメントのネタと遭遇か。と思っておりましたところ、その方が振り向きました。

「申し訳ないです。そんなはずはないのに、3000円って金額になっていて。」さわやかにおっしゃいました。
「あら、3000円なら、ラッキーですね。でも運は他のところで使いたいですよね。」と私。
ダンディな店員さんも私たちのやりとりに緊張がほぐれたのか、なんとかその場をやり過ごすことができました。
無事決済を終えた先客は、最後に「お待たせしました。」と私に声をかけてくれました。

ほんの数分の素敵な時。

そもそも私たちは、既に幸運に恵まれていたわけです。
素敵なバックにであったという幸運。
レジがもたついたことごときでイライラして、この幸運を曇らせたくないという思いが一致したんでしょうね。
手に入れたバック、長い付き合いにしたいと思っています。
最高のスタートを切ることができました。

アンガーマネジメントを取り入れると怒る必要のあることは怒ることができ、
必要のないことは怒らないで済むことができるようになります。
渋谷や秋葉原でアンガーマネジメント講座を開催しています。
5月26日 アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座 13:00~17:00
5月27日 アンガーマネジメント叱り方入門講座         10:20~11:50
5月27日 アンガーマネジメント応用講座             12:30~15:30

ほかの日程や詳細のご確認いただけます。
日程や詳細のご確認
こちらからお申込みいただけます。

この記事を書いたプロ

菅野昭子

菅野昭子(かんのしょうこ)

菅野昭子プロのその他のコンテンツ

Share

菅野昭子プロのその他のコンテンツ