マイベストプロ青森
岩本益宏

漢方薬で妊娠しやすい体づくりをサポートするプロ

岩本益宏(いわもとますひろ) / 医薬品販売業

有限会社くすりの厚生会

お電話での
お問い合わせ
017-722-4421

コラム

夫が若返るためにできること

2023年1月9日

テーマ:妊活

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

精力剤って効果が無い?


精力剤や強壮剤、ドリンク剤を飲んだのに


効いた感じがしない
思ったような効果が無い

この様な相談が増えています。
精力剤の効果が無いのではなく、使い方が間違っているんです。

中医学での精力剤や強壮剤は体力や疲労に効果があります。
この使い方が間違っていると本来、求めている「夜の生活」での効果が現れにくいんです。
つまり体力や疲労だけが原因ではないということ。

滋養強壮剤は中医学では気・血・水の不足を補う補剤に属していて主に栄養などの不足からくる体力の低下に用いるもの。
現代社会で食事ができない、ということは、ないですよね。
そのため体に何らかの病理的産物(邪気)が存在する時は単純に補剤を用いても効果がでにくいんです。
それどころか、かえってマイナスに働くことになるので注意が必要なくらいなんです。
どんなに体に良いモノでも食べすぎたら問題になりますよね。
太ったり、お腹を壊したり。
それと同じように、体に十分あるのに、さらに追加しても悪い状況にしかならないんです。

中医学や漢方が効かないと言われる理由の1に、そもそも使い方が間違っていることが多いんです。
モノの豊かな時代に生きる現代人の体質と栄養が不足しがちだった昔の人の体質は明らかに違います。
つまり、中医学の使い方も現代に合わせる必要があります。

精力が減っているのは新型栄養失調が原因


男性が夜の営みを上手くできない理由に栄養不足ということはありません。
逆なんです。
飲み過ぎ・食べ過ぎ・ストレスの蓄積などが原因になっています。
体に対して過剰な栄養といういこと。
余っている状態は、全ての流れを悪くします。
そして詰まる原因にもなるんです。

中医学での対応


現代社会では足りないものを補うという不足している場合の方法では健康にもよくありません。
余っている、余分なもの (邪気)を取り除くことで停滞している気・血・水をスムーズに流すような治療法(瀉法)を用います。
邪気を取り除けば、正気せいき(抵抗力)は自然に回復していきます。
中医学はバランスの医学。
普段の生活で崩したバランスを中医学で整えることで本来、男性としての精力アップに繋がっていきます。

「邪気」取り除き「気・血・水」をスムーズに


足りないものは補い、過剰なものは取り除いて、過不足のない状態にもっていくのが治療の原則が中医学。
気の滞りを解消し、ストレスを和らげる瀉剤の漢方薬が必要。
多くの人は補うことを考えるだけでなく、瀉剤によって元気を回復することも必要です。
つまり、バランス。
ただし使い方は注意します。
一般的に瀉剤は使いにくい漢方薬。
体から引くのですから。
引きすぎると体調を崩す原因にもなります。
できるだけ、専門店で相談をオススメするのもバランスの判断が凄く難しいからなんです。

溜めすぎない(食べ過ぎない)


中医学や漢方薬で過剰なモノを取り除く前に、体に入れ過ぎないことが大切。
「腹八分目」
少し空腹が一番の妊活なんです。
そして、この一番の妊活が、病気の予防、つまり健康にもいいんです。
皆さん、知っていることですよね。

この記事を書いたプロ

岩本益宏

漢方薬で妊娠しやすい体づくりをサポートするプロ

岩本益宏(有限会社くすりの厚生会)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

岩本益宏プロのコンテンツ