マイベストプロ山形
今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(こんたさゆり) / 行政書士

行政書士法人ワンチーム

お電話での
お問い合わせ
023-631-6305

コラム

物流は日本の命綱370

2020年4月23日

テーマ:行政書士の仕事

コラムカテゴリ:法律関連

皆さん、大変な中お仕事、ありがとうございます

東日本大震災の時も思ったのですが、物流は日本の命綱です。
マスク、日用品、食料、非常事態宣言の中でも日常生活が何とか維持できるのは
そういった品物が届いているからです。



運送事業者への差別は許せない

学校でお父さんが運送会社に勤めてるからといって行事への参加をやめてくれと
言われたり、配送の方が心無い言葉をかけられたり、なんでそんな国になっちゃったんだろう

毎日、第一貨物さん、ヤマト運輸さんが来てくれる

うちの事務所も、結構日々宅配荷物があります。
電話一本で来てくれます。本当にありがたい。
医療従事者もがんばってる。
運送会社もがんばってる。
みんながんばってる。
台湾とか韓国とか中国とかのコロナウイルス対策を報道するけど
日本は民主主義国家。
対応が遅い、もっと指導力持ってというけど
そもそも法律がない。
私権を制限する強制力なんてない。お願いしかできない。
住基ネットだって、マイナンバーカードだって、そりゃ確かに
制度の不備だとか、受け取るにもそもそも昼間になんか受け取れないとか
色々あって浸透してないけど、野党は背番号制の導入だとか、
徴兵制への布石とか、軍国への道とか言ってたんじゃない?
だから普及が進まなかったという面も絶対にあると思う。
この機会に、危機が迫ったとき(ウイルスだけでなく)どうしたらいいのか
国民みんなで考えるいい機会かもしれない。

リモートワーク導入

リモートとは遠隔という意味らしい。というわけでうちの事務所もリモートワーク導入しました。通行許可を自宅でして、週に何回か午前と午後に分けて出社し、印刷したり、資料を持って行ったり、これをいい機会ととらえて今後積極的に導入していこうと思います。
私は毎日事務所にいます(笑)

この記事を書いたプロ

今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(行政書士法人ワンチーム)

Share

関連するコラム

今田早百合プロのコンテンツ