マイベストプロ富山
石崎弥佳

フラワーアレンジメントのプロ

石崎弥佳(いしさきみか)

花まつフラワーアカデミー(万華苑)

コラム

胡蝶蘭を使って 迎春用フラワーアレンジ教室

2018年12月22日 公開 / 2018年12月25日更新

テーマ:季節の室らいレッスン

迎春アレンジメント


新年を迎えるにあたり、

新年の豊穣と家内安全、健康と福徳円満を祈って

美しいお花を飾って

楽しく、心穏やかに、気持ちを浄化して

一年の始まりを祝いましょう。



私の推奨する

2019年新春を祝うお花の彩りの

キーワードは

「一陽来復」でございます。


迎春アレンジメント


2018年から2019年を迎える気持ちが、

「ぽっかぽかの相当の明るさ」を求めてみました。

受講生の皆様とともに

チャレンジャーとも思えるほどの色鮮やかな色彩で

取り組んでみたのです。

お正月こそ花贅沢を!

お花たちを見るだけで、とっても華やぎます。



花材の色合わせは、

日本ナチュラルカラーリストの色彩指導に基づき

① 太陽の色彩    黄色 橙色 ピンク色 白色

② 十両・千両・万両 赤い実の彩り   赤色 緑色

この色彩にて、花材選びをいたしました。



黄色のアナスタシア(大きい菊)ですが

なんと品種名が「サニー」! 

まさしくぴったりなんですよ。(笑)

で、太陽の色彩に忠実に

黄色 橙色 ピンク色 白色のお花たちを
全部揃えてみたのです。



それはそれは

ぽっかぽかの太陽感満載に!



そしてそれぞれの受講生の皆さまは

オリジナリティ溢れる

福を招くような

光り輝く新年を迎えるのにふさわしい

素敵な感じに仕上げて下さいました。



季節の万葉集もみんなで高らかに朗誦しました。

そのうちの1首ですが、


なでしこは 秋咲くものを 君が家の 雪の巌いわおに 咲けりけるかも



なでしこの花は秋に咲くものなのに、なんとまあ、あなたのお宅では、雪の岩の上に今も咲いていたのですね。おめでたいことです。

大伴家持が越中の国司であった、天平勝宝3年(751年)の正月、ある部下の家へ招かれると、一面の深い雪の庭に、雪を岩山のさまにしつらえ、そこにさまざまな造花が飾りたてられてあって、客人たちはおおいに興をそそられたという。そのときの一首。



お話して、アレンジして、万葉集を詠んで…。

なでしこの花と今日の胡蝶蘭は同じピンク色。

この万葉集が、私はとっても好きなんです。


迎春アレンジメント


迎春アレンジメント

来年も、このような段取りでレッスンを行ってまいりますので

どうぞ、よろしければご一緒くださいませ。




この「季節の室らいレッスン」ですが

楽しい話題をふんだんにはさみます。

講師もたくさんお話するのですが、

それに加えて、

本日は受講生のMさんから



「今日ね、若いお兄ちゃんが、富山の町で

すっごく嬉しそうに花束を持ってたの。

今からだれかに渡そうとしていてね。

私はそれを見ていて、

ものすごく、幸せな気持ちになったの。」って

皆様に発表くださいました


花まつフラワーアカデミー

スクール 関連WEBサイト


花まつフラワーアカデミー ホームページ

花まつフラワーアカデミー Facebookページ

この記事を書いたプロ

石崎弥佳

フラワーアレンジメントのプロ

石崎弥佳(花まつフラワーアカデミー(万華苑))

Share
関連するコラム