まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
折本徹

入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

コラム

職人行政書士への道(渉外業務の)第24回、最終回・職人なのか?達人なのか?

渉外業務職人行政書士への道

2015年8月5日 / 2018年8月16日更新

職人行政書士への道(渉外業務の)第24回
最終回・職人なのか?達人なのか?

このコラムは、当初より24回は続けよう、と始めました。今回が最終回です。


個人的な感覚と見聞からなのですが、年齢を重ねたり、開業年数が長期間になると
何か特色を持っていなければ、個人経営の行政書士は、仕事が先細る傾向があるようです
(独占業務である許可手続きにおいては)。

これ、開業当時は思いもよりませんでした。
理由はわかりませんが、人数が増えることによる世代交代なのかもしれません。
行政書士自身が意識しなくても、顧客や紹介者の人達が世代交代してしまうことも。
若い企業の社長や担当者、若い人達は、やはり、同世代又は世代が一つ上又は一つ下の行政書士と
関わりを持っていく、それが自然なのかな、と思います。
これは、あくまでも、個人のネットワークを駆使して仕事を受任するような場合のように思います。
他にも、マーケティングの手法も、新しい世代や若い世代の人達は、新しい手法や流行の手法を採用していくけれど、
小さな成功体験が邪魔をして、新しい手法を採用するのに二の足を踏むのもある、と思います。

では、どうしたら?ですが、それを見越して、組織化するやり方。
個人ではなく、組織として仕事を受任しよう、という考えだと思います。
組織化すると、永続、スケールや数が追及できるメリットもあります
(ただ、組織内で世代交代することはあり得るでしょうが)。

でも一方で、個人商店感覚でやっていた頃には起こりえない
面倒なことが生じてくるのでは?と不安になり、組織化に消極的な考えもある、と思います。
自分は後者の考えでありますし、もともと、不器用なので、一意専心が良いかな、と思っています。

プロ野球でいえば、タイトルホルダーや、スター、カリスマにはなれないけれど、
職人のような技術を持っている選手でも、ファンの人達に応援されています。
私は、「世間から評価され、仕事の依頼を受けて、報酬をいただいて、なんぼ」
の世界にいますので、
職人思考・スタイルで行政書士を目指したらどうか?と考えました。

元々、渉外業務の遂行には、知識と経験と技術が必要、と思っているので、
「この仕事は知識と経験と技術が必要なので、この人達に頼む」というレベルの
「職人」の域までくれば、年齢を重ねても仕事があるのではないか。
更に、それより上のレベルになって、
他の同業者の追随を許さないぐらいの知識と経験と技術を持つ「達人」の域はどうだろう?です。

勿論、そうは言っても、人数が増えてくれば埋没しやすいし、価格競争もあるので、
独占業務だけでは仕事を受任する機会は減る、
非独占業務であるが、周辺業務まで拡げないと、は理解しています。
ただ、「迷ったときは原点」、と言う言葉もあるとおり、色々と業務を拡げたときに、
「自分の原点の業務は何だろう?それは、渉外業務である」、としたいのです。

そんな感じで、今後も頑張っていきたい、と思っています。
と言うことで、「第一部は完」です。
次回は、「達人行政書士への道」を書くかもしれません。
24回、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

渉外業務 職人行政書士への道 のコラムを読む
http://mbp-japan.com/tokyp/orimoto/column/?jid=1302291

依頼人に寄り添い、希望が叶うことができる申請手続きを心がけています。
まずは、相談から始めましょう。
1回のみ無料相談を受け付けています

依頼に関すること

この記事を書いたプロ

折本徹

折本徹(おりもととおる)

折本徹プロのその他のコンテンツ

Share

折本徹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹

折本 徹 行政書士事務所

担当折本徹(おりもととおる)

地図・アクセス

折本徹プロのその他のコンテンツ