まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
橋本将吉

留年・休学対策に強い!現役医師の個別指導!

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

お電話での
お問い合わせ
0422-26-7222

コラム

<医学部生へ> 生物選択だった人の物理の勉強の仕方

医学部生へ

2017年5月7日 / 2018年5月15日更新

こんにちは!生物選択の医学生さんから、「大学に入ってから、物理が分からない」と相談を受けましたので、コラムを書いてみたいと思います。

物理

生物選択って、意外と大変!

実は、大多数の受験生が、物理を選択して医学部に入学します。
それでも、生物を受験科目に選んだ人はいるでしょう。
実は、生物を選択したからと言って、大学の生物の授業が楽になるかと言われると、意外とそうでもありません。



↑よく使われる分子生物学の教科書です。もちろん、生物選択をして入学をしても、初めて習う事がほとんどです。

その場合は、大学の物理の授業で少し苦労することになるかもしれません。
理由は、物理という、ほとんど触らなかった分野を勉強しなければならないからです。

「物理学」とは何だろうか?

ここで、そもそも「物理学とは何か」を考えてみましょう。
物理の漢字を分解すると、「物」の「理(ことわり)」となりますね。
つまり、「この物体は、どのような条件下ではどういう動きをするのか?」ということを研究する学問です。そしてこれが、「物理学」の「本質」です。

公式をどう使うか?

そして、物理は、たくさんの公式が登場します。
試験では、その公式が使えるかどうかを問われることが大半だと思われます。
公式を使いこなすには、「その公式の成り立ち」から考えていくことが、一番の近道になります。
公式とは、様々な事象から導き出される、共通の部分を形にしたものです。したがって、「公式の成り立ち」から考えることが、「本質」の理解につながるのです。

ですが、ここで、大人の事情が絡んできます。医学部生には、時間が無いのです。すべての公式を「どうしてこの形になるのか」という「本質」から考えていくと、恐ろしく時間がかかります。

どこかで、「これはこういう形なんだ」と割り切っていくことが必要になります。
ですので、この科目に関しては少し違ったアプローチを考えていきましょう。

物理は数学と同じだ!

公式の成り立ちという本質から全てを勉強するには、時間がありません。
それでも、その公式を使った問題が解けなければ、単位を落としてしまいます。

そこで、受験生の時に数学はどう勉強したか、思い出してみてください。
実は物理と数学、特に高校数学には共通点が多いのです。
あなた達は、問題集を使って、公式を実際に使っていく練習を積んだと思います。

それと同じように、実際に問題を解いていって覚えるという、今までの受験勉強の延長で「まずは、解けるようになること」を視野に入れて勉強していくといいでしょう。
解く問題は、大学の教科書の練習問題でも構いませんし、定期試験の過去問でも構いません。

是非、上手く「割り切り」ながら、少ない時間の中で、「本質」の理解を意識した勉強を心掛けてみて下さい。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるブログを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。ブログでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

医学生道場は、橋本が直接、医学部の先輩として同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。電話だけの無料相談も可能です。

このサイトに早い段階で来て、読んでくれた医学部生さん達が得をするように、色々とお役立ちブログを書いています。楽しく読んでもらえるようにしていきますね。 興味があれば他にも覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場のブログ一覧(別のリンクにとびます)

医学生道場は、医師という医学部の先輩が同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。
↓↓↓↓↓↓
生徒さんと保護者さんの声(別のリンクに飛びます)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
公式サイトではもっと詳しく書いていますので、是非お立ち寄りください。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

この記事を書いたプロ

橋本将吉

橋本将吉(はしもとまさよし)

橋本将吉プロのその他のコンテンツ

Share

橋本将吉のソーシャルメディア

facebook
Facebook