マイベストプロ大阪
谷光高

ゴルフの楽しさを多くの人に伝えるゴルフ場経営者

谷光高(たにみつたか) / ゴルフ場経営者

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

コラム

「OKです!」って言っていいのかどうか困ったことありません?

2014年10月7日 公開 / 2019年1月2日更新

テーマ:ゴルフのローカル・ルール

コラムカテゴリ:趣味

プライベートゴルフで、どうしたらよいのか困ることの1つに、「OKパット(通称)」があります。
「OKパット」とは、ボールがカップの近くまで寄った時に、「この距離をはずす事はないだろうから、打たなくても1打を追加すればOKですよ。」という意味で使われています。
OKパット

「OKパット」の正式呼称は「コンシード(concede)」

この「OKパット」は公式競技において、マッチプレーの場合にのみ認められています。
正式な呼称は、コンシード(concede)「譲歩する」といい、次のパットを免除すること、もしくはホール、マッチ(試合)の勝ちを譲与するという意味で使われています。

マッチプレー競技において、プレーヤーはマッチを始める前であろうと終える前であろうと、いつでもそのマッチをコンシードすることができます。プレーヤーは1ホールのプレーを始める前であろうと終える前であろうと、いつでもそのホールをコンシードすることができ、相手のボールが止まってさえいれば、ホールの途中であっても、いつでもコンシードすることができます。その場合、相手のボールは次のストロークでホールに入ったものとして扱われます。またコンシードは、辞退することも、取り下げることもできません。

本来、コンシードは、ストロークプレー競技では認められていないルールです。
もしも、ストロークプレーの公式競技で同伴競技者が「OK」と言った為に、ボールを拾い上げてしまい、そのまま次のホールでプレーを続けると競技失格となってしまいます。

気くばりの「OKパット」

「OKパット」は、あくまでも親しい仲間うちでのラウンドやコンペ内でのスロープレーを回避するための有効策として活用しましょう。

「OK」になることが多いのは、カップとの距離が1グリップ以内の位置にボールがあるときです。初心者の場合には、これが1クラブにまで広がることもあります。この判定は一緒に回っている人たちが行ないます。

間違っても自分から「OKでいいですか?」と聞いてはいけません。
もし「OK」と言われたら、「ありがとうございます」とお礼を言ってボールを拾いあげましょう。このときスコアにこの「OK」の分の1打を足すのを忘れないで下さい。

反対に、他のプレーヤーに、いつ「OK」を出したらよいのかわからなくて戸惑ってしまうことがあります。
練習をしたい人に、カップまでの距離が少し遠いのに「OK」を出したために嫌がられてしまうかもしれません。逆に「OK」を出さなかったら、「あの人は厳しい。」と言われる事もあるかもしれません。
ベテランのゴルファーでも、このタイミングは本当に難しいもの。

後で変な「しこり」が残らない様に、スタートホールのパッティンググリーン上で、同伴のプレーヤーみんなと話し合って決めておくと、残りの17ホールをスムーズに進める事ができるのではないでしょうか。

*******************************
Facebookにおいて具体的なマナーやルールの事例を写真付きで毎日更新中!
ぜひご覧ください。
「今からでも遅くないゴルフマナー&ルール」
*******************************
『なぜ、ゴルフ場でジーパンはNGなのか? ~もう迷わない。ゴルフ場での服装選び』
amazon 電子書籍本の販売ページはこちら(kindle版)
*******************************
ディボット・スティック専用サイトはこちら
アマゾン・ショップはこちら
*******************************
新有馬開発株式会社/有馬カンツリー倶楽部
〒669-1334 兵庫県三田市中内神南山841
TEL:079-565-2111 FAX:079-565-2121
URL:http://www.arimacc.jp/
*******************************

この記事を書いたプロ

谷光高

ゴルフの楽しさを多くの人に伝えるゴルフ場経営者

谷光高(新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部))

Share

関連するコラム

谷光高プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
079-565-2211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷光高

新有馬開発株式会社(有馬カンツリー倶楽部)

担当谷光高(たにみつたか)

地図・アクセス

谷光高のソーシャルメディア

twitter
有馬カンツリー倶楽部
2022-06-27
facebook
Facebook