まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
馬上久恵

マナー&カラースタイルコーディネートのプロ

馬上久恵(まがみひさえ)

Applause of Color(アプローズオブカラー)

コラム

美しい歩き方が印象を変える ~マナー&パーソナルスタイル個人レッスンアプローズオブカラー~福島区

色とマナーで心も所作も美しく

2017年11月22日 / 2018年2月7日更新

こんにちは。
マナー&パーソナルカラースタイル講師の馬上久恵です。

さて、先日に引き続き今日も正しい姿勢と美しい歩き方について考えてみたいと思います。

まず正しい姿勢の作り方として
壁にもたれて 頭、肩、おしり、膝、かかとの5点が壁につくようにします。
普段まっすぐに立てていない人は、壁につかない箇所があったり、どこかが痛くなったりします。

特に注意が必要なのは、壁と骨盤の後ろに大きく隙間があく場合。

握り拳がすっと入ってしまうほど隙間のできている人もいますが、隠れ猫背の可能性も高く、この姿勢のままでは腰痛を引き起こす可能性もあります。

壁にもたれた状態から一歩前に出る。これが正しい姿勢です。

■美しく歩く
正しい姿勢のまま、できた体の軸を保ちながら真っすぐに歩きます。

ここで大切なのは、この軸をくずすことのないように上半身をつかった体重の移動が必要になります。

歩くと聞くと、足だけでコツコツと歩くように思われますが、実は全身の筋肉を使って歩きます。

まず意識するのは上半身。

上半身をつかって体を送り出す体重の移動が必要になります。

私の身長は168㎝、その身長のまま前にでなくてはいけません。
猫背になったり、あごが前にでている状態では168センチの身長を保ててはいません。

またヒョコヒョコと膝が出る歩き方も
本来の身長よりも小さくなるのがわかりますね。

①上半身をまっすぐ前に送りだす
②後ろ足でしっかりと地面を蹴って前に送りだす
③膝はまっすぐに伸ばしたまま、つま先とかかとが同時に地面に着くようにする

かかとの低いぺたんこな靴ばかりを履いていると、足だけでゴンゴンと歩くことになり 上半身の筋肉を使いません。
そのため、いざという場面でハイヒールを履いたしても、筋肉が落ちてしまっているので、なかなかうまく
歩けないのが現実です。

美しい姿勢で歩く練習としては靴も大切です。

ハイヒールを履くというのは、いつも足首が上がっている状態ですから、自然と足首も細くなります。

高さは7センチヒールがおススメです。
■美しくなるための意識
●腹筋を使い、お尻をおしあげるイメージで歩くことで、腰の位置が高くなりお洋服が綺麗にみえます。

●ハイヒールを普段から履いてみる。

●タイトなトップスで上半身を意識してみる。

ちょっとした意識で、みるみる印象は変わっていきますよ。

レッスンの後、生徒様をお見送りする場面で レッスンに来られた時と帰りでは 歩き方が別人になっている事も。

これは美しく歩こうとする意識が働いたから。

意識しイメージすること。
美しくなるための第1歩ですね。


☆体験レッスン募集中→http://mbp-osaka.com/applause/service1/
レッスン例)マナー、婚活マナー、婚活アドバイス、セルフブランディング、スタイリング、メイク、色の識別、パーソナルカラー、姿勢、歩き方
■マナーレッスンお申し込みはこちら→http://mbp-osaka.com/applause/service1/1228

■パーソナルカラー診断お申し込みはこちら→http://mbp-osaka.com/applause/service1/1227/

■ホームページ→http://applause-of-color.jp//

■馬上久恵 HISAE MAGAMI
ジュエリーコーディネーターの経験から得たお客様の心をつかむカラートータルコーデネートが評判。
マナーとカラーを取り入れた独自の手法でその人の魅力&美しさを最大限に表現するプロとして活躍。
個人、企業からも「美しさを作るカリスマ」として絶大な信頼を得ている。

この記事を書いたプロ

馬上久恵

馬上久恵(まがみひさえ)

馬上久恵プロのその他のコンテンツ

Share